Rakuten infoseek

辞書

系・吊【つり】

大辞林 第三版

つり【系・吊】
と同源。代々の系統、師弟関係などを線を引いてつりさげるように示したことからという
系図。つりがき。 大織はんの-あるにしてから町屋住ひの身は/浮世草子・永代蔵 6
系統。血統。血縁。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つり【系・吊】
〘名〙 (「釣り」と同語源で、代々の系統や師弟の関係を線を引いてつりさげるように示すところからか)
① 系図。つりがき。
※石山本願寺日記‐宇野主水日記・天正一四年(1586)八月一六日「為御吊、使者竹村」
② 系統。血統。血縁。血族。
※俳諧・一息(1693か)「朝敵の同苗(ツリ)は社も戸締分ん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つる【系・吊】
〘名〙 血統。系統。系譜。つり。
※禅鳳雑談(1513頃)中「あの宮王禅珍などがつる、いくさきにて物しりがほにて候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

系・吊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

系・吊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.