Rakuten infoseek

辞書

糸操り【いとあやつり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

糸操り
いとあやつり
人形芝居の一種。糸で人形を操るもの。起源は古く,世界各地にあり,欧米ではマリオネットと称し,日本では南京操りとも呼ばれた。元禄年間 (1688~1704) 以後,手遣い人形が非常な発達をとげたため,糸操りは京坂,江戸,名古屋などで,ごく小規模に行われたにとどまる。明治期に,9世結城孫三郎が技術的に改良を加え,義太夫節以外の演芸とも結び,新生面を開き,現在その系統の結城孫三郎座,および竹田三之助座が公演を行なっている。ほかに中国地方,沖縄にも民俗芸能としての糸繰りが伝わる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いと‐あやつり【糸操り】
操り人形の一。人形に数本の糸をつけ、これを上から動かして操るもの。寛文延宝(1661~1681)ごろから行われた。南京(ナンキン)操り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いとあやつり【糸操り】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いとあやつり【糸操り】
操り人形の一。人形を糸でつり下げて操るもの。近世初期、浄瑠璃と結びついて盛んに行われた。宝暦(1751~1764)以降衰微したが、明治にはいって九代目結城ゆうき孫三郎が再興。南京ナンキン操り。吊り人形。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

糸操り
いとあやつり
人形を糸で吊(つ)って操る人形劇。目の字型の手板から糸を垂らして人形の頭(かしら)、手、脚(あし)、着物などに結び、上から操る。糸は19本が標準。職業劇団として東京都に結城(ゆうき)孫三郎一座と、ここから第二次世界大戦後分立した竹田人形座が、神奈川県に人形結城座があり、島根県益田(ますだ)市に郷土芸能の一座がある。これらを江戸系とするが、T字型やキの字型の受け枠で、糸も5本から6本の単純な出雲(いずも)系が山口県周南(しゅうなん)市(旧熊毛(くまげ)町)などに遺存する。わが国の糸操りは、平城宮址(し)出土の人形から奈良時代にさかのぼるかと推定されるが、はっきりするのは江戸初期で、「南京(ナンキン)操り」ともよばれ、中期に栄えていったん衰微し、末期に復興を果たした。富山県下新川(しもにいかわ)郡入善(にゅうぜん)町に文化期(1804~18)の人形が残っており、90センチメートル以上ある。明治後期に9代目結城孫三郎が改良して50センチメートル程度となった。中国では懸糸傀儡(くぐつ)、提線傀儡などとよばれ、ヨーロッパではマリオネットとよばれる。明治中ごろにイギリスのダーク一座が来朝し、評判となった。[西角井正大]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糸操り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

糸操りの関連情報

他サービスで検索

「糸操り」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.