Rakuten infoseek

辞書

糸島半島【いとしまはんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

糸島半島
いとしまはんとう
福岡県西部玄界灘に臨む半島。東半部を福岡市,西半部を糸島市が占める。博多湾と玄界東西に分けている。芥屋ノ大門(けやのおおと。国指定天然記念物),志登支石墓群(→ドルメン。国指定史跡),小富士の別名のある可也山(365m)など名所,史跡が多く,沿岸玄海国定公園に属する。米作のほか,イチゴ促成栽培,ミカン栽培と沿岸漁業が行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いとしま‐はんとう〔‐ハンタウ〕【糸島半島】
福岡県西部、玄界(げんかい)灘に突き出た半島。東部は福岡市西区、西部は糸島市に属する。更新世の初めに島と陸地の間の糸島水道が堆積されてできた陸繋島(りくけいとう)。糸島平野を中心に花卉(かき)・果実栽培が盛ん。沿岸は国指定天然記念物の芥屋大門(けやのおおと)をはじめ二見ヶ浦・幣(にぎ)の松原などがある景勝地名勝・史跡も多い。沿岸一帯は玄海国定公園

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いとしまはんとう【糸島半島】
福岡県北西部,玄界灘に突出し,博多湾の西側を囲む半島。1941年に今宿,61年に北崎,元岡,周船寺(すせんじ)の東半部4村が福岡市に編入されるまで全域が糸島郡に属した。糸島の名は1896年の怡土(いと)・志摩両郡の合併でできた。かつて怡土は南部の背振山地北斜面,志摩は北部のおもに花コウ岩からなる島であったが,古糸島水道(海峡)を雷山川,瑞梅寺川などが埋積して生じた中通低地によって陸繫された。農漁業が主で,無霜に近い温暖気候を利用して促成イチゴやミカンが栽培され,近年は行楽地,別荘地としても発展している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

糸島半島
いとしまはんとう
福岡県北西部、玄界灘(げんかいなだ)に突出した半島。東部は福岡市西区、西部は糸島市に属す。更新世(洪積世)の初めに、花崗(かこう)岩の丘陵群からなる島(志摩)と、陸地(怡土(いと))との間の水道が埋積されて形成された複式の陸繋(りくけい)島である。沿岸は国指定天然記念物の芥屋ノ大門(けやのおおと)をはじめとする海食洞と海食崖(がい)、それを結ぶ幣ノ松原(にぎのまつばら)などの弓状の砂丘松原からなる景勝地で、玄海国定公園に含まれる。半島の付け根にあたる糸島平野(中通低地(なかどおりていち))を中心に農業が盛んで、稲作のほか、イチゴ、ミカン、花卉(かき)、スイカなどの栽培で名高い。志登(しと)支石墓(ドルメン)群、元寇(げんこう)防塁跡や、小富士(筑紫富士(つくしふじ))の名がある可也山(かやさん)、小富士梅林など名所も多い。[石黒正紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糸島半島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

糸島半島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.