Rakuten infoseek

辞書

精神薬理学【せいしんやくりがく】

世界大百科事典 第2版

せいしんやくりがく【精神薬理学 psychopharmacology】
一次的に精神状態に影響する薬を向精神薬と呼び,それに関する薬理学が精神薬理学である。つまり,心を動かす薬の,生理的影響,吸収,代謝,排出,治療への応用,などを調べる学問である。行動への影響に重点をおくときは行動薬理学behavioral pharmacologyと呼ぶ。薬理学が生理学や生化学の方法を使うのに対して,精神薬理学はそれらのほかに心理学,精神医学,行動学などの方法を使う点に特色がある。 精神薬理学は非臨床的(前臨床的とも呼ぶ)精神薬理学と臨床的精神薬理学とに二大別される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

精神薬理学
せいしんやくりがく
psychopharmacology
精神機能に影響を与えることをおもな作用とする薬物(抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、精神異常発現薬など)を向精神薬とよぶが、この向精神薬を対象として、その作用機序や医療への応用などを研究する学問を精神薬理学という。動物の行動や人間の精神現象を取り扱うため、心理学や行動学、精神科学などの方法論を用いる点が、一般の薬理学と異なる特徴である。なお、一部は神経薬理学の領域と重なるところから、両者をあわせて神経精神薬理学ともいう。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精神薬理学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

精神薬理学の関連情報

他サービスで検索

「精神薬理学」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.