Rakuten infoseek

辞書

精力【セイリキ】

デジタル大辞泉

せい‐りき【精力】
せいりょく(精力)」に同じ。〈日葡
物事に力を尽くすこと。尽力。骨折り。
「和蘭人(おらんだじん)これを見て、その―に感じ」〈蘭学事始

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐りょく【精力】
精神や肉体の活動する力。仕事を成し遂げていく元気。「研究に精力を注ぐ」「精力剤」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいりょく【精力】
古くはせいりきとも
物事をやりぬく心身の元気、または根気。スタミナ。 -にあふれる -が尽きる
特に、性的な能力。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐りき【精力】
〘名〙 (「りき」は「力」の呉音)
※大観本謡曲・恋重荷(1423頃)「精力(せいりき)を尽し候へどももとより重荷なれば持たれぬ事を恨み」 〔文明本節用集(室町中)〕
② 骨を折って尽力すること。他のために力を貸して努力すること。
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)上「曲事に逢筈をとやかくおれがせいりきで沙汰なしに事すんだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐りょく【精力】
〘名〙 心身の活動力。心身を働かせるもととなる力。根気。元気。せいりき。
※太平記(14C後)一八「今ははや精力(セイリョク)尽て、深手余多負ければ」
※談義本・風流志道軒伝(1763)五「雨風の神精力(セイリョク)を尽し、霰の神・雹の神もともどもに力をそへ」 〔漢書‐匡衡伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

精力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.