Rakuten infoseek

辞書

粘性率【ねんせいりつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

粘性率
ねんせいりつ
coefficient of viscosity
流体の粘性の大きさを表わす定数粘度粘性係数ともいう。いま,流れの速度 u が,それと直角の y 軸方向に変化しているとすると,y 軸に垂直な面に対して,面に平行な方向に粘性力が働く。粘性流体においては,単位面積あたりの粘性力 τ は速度勾配 ∂u/∂y に比例し,τ=μ∂u/∂y で表わされる。比例定数μは流体によって定まる物質定数で,これを粘性率または粘性係数という。 SI 単位は N・s/m2 ,CGS 単位はポアズ (記号は P ,dyn・s/cm2 ) である。粘性率は液体では温度とともに減少するが,気体では増加する。また,液体では圧力とともに増加するが,気体ではほとんど変化しない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねんせい‐りつ【粘性率】
流体の粘性の度合い。流体の速度が、流れに垂直なある面で異なるとき、その速度の勾配に比例して働く摩擦力の大きさ。気体では温度とともに増加するが、液体では減少する。内部摩擦係数。粘性係数。粘度。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

粘性率【viscosity coefficient】
単に「粘性率」あるいは,粘度*というときには,粘性流体の変形の応力と変形速度の比(簡単には一次関数と見なすので)として定義される.単位はポアズ(cgs単位系),SI単位系ではパスカル秒(Pa・s).

なお,これを密度で割った値を「動粘性率」という.cgs単位系での単位はストークスSt),SI単位系ではm2s-1 が単位となる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

粘性率
流体がx軸に平行に流れ,速度uy方向に変化しているとき,y軸に垂直な面にはη∂u/∂yの大きさの接線応力が現れる.比例定数ηを粘性率といい,流体によって定まる物質定数である.流体の密度をρとすると,η/ρを動粘性率という.一般に温度が上がると液体では粘性率が減少し,気体では増加する[長倉ほか : 1998].単位はSI系でPa・s(パスカル・秒)である.CGS系ではP(ポアズ,poise, 1P=0.01Pa・s)で示し,20℃における水の粘性は0.01Pである.岩石の熔融体の粘性は1 400℃で,玄武岩の10Pから黒曜岩の105に変化する.1 200℃では玄武岩は103P,黒曜岩では107Pである.岩石の粘性率の測定値は温度,岩質により様々であり,これらを集めた文献がある[鈴木 : 1994, Clark : 1966, 可児 : 1933, 久野 : 1954, 東京天文台 : 1986, 荒牧 : 1979, Scarfe, et al. : 1983].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねんせいりつ【粘性率】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ねんせいりつ【粘性率】
流体の粘性の度合を表す語。運動する流体中のある面に対して、その接線方向に現れるずれ応力の大きさは、面に垂直な方向の速度勾配に比例する。その比例定数を粘性率という。物質の種類、温度によって変化する。 SI 単位でパスカル秒(記号 Pa・s)、 CGS 単位ではポアズ(記号 P )。粘度。粘性係数。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねんせい‐りつ【粘性率】
〘名〙 流体の粘性の度合を表わす語。流れに垂直な方向への速度の大きさの勾配で、応力の大きさを割ったもの。ふつう気体では温度が上がると大きくなり、液体では反対に温度が上がると小さくなる。単位はポアズ。粘度。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

粘性率
 →粘度

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粘性率」の用語解説はコトバンクが提供しています。

粘性率の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.