Rakuten infoseek

辞書

粘土板文書【ねんどばんもんじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

粘土板文書
ねんどばんもんじょ
clay tablet
西アジア,メソポタミアを中心とした古代オリエント地方で金石と並んで書料として用いられた粘土板の総称。チグリス,ユーフラテス両川周辺に無限に堆積する沖積土を練り固めて,そのままあるいは水洗いして楔形文字ないしは絵文字を記し,日干しにして保存。大切なものはさらに窯で焼いて硬くした。形は正方形または長方形,まれに円錐形円筒形,多角柱形,樽形がある。粘土板文書はイラン地方をはじめ,小アジア,シリア地方でも発見され,エジプトのテル・エル・アマルナ,さらにクレタ島からギリシア本土のミケーネテーベピュロスからも出土している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねんどばんもんじょ【粘土板文書 clay tablet】
古代オリエント,エーゲ文明世界などで楔形文字,線文字(線文字A線文字B)を記す書料として使用された粘土板の総称。粘土板の形態は長方形,正方形,円形が普通で,エラム地方では扁平な砲弾形なども使用された。このほか円筒形,円錐形,樽形,球形,プリズム形の粘土製文書や煉瓦なども広義の粘土板文書として扱われることがある。楔形文字は一般にアシの茎でつくった筆で押しつけるようにして書かれ,線文字は尖筆で引っかくようにして書かれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

粘土板文書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

粘土板文書の関連情報

他サービスで検索

「粘土板文書」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.