Rakuten infoseek

辞書

粒子線【りゅうしせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

粒子線
りゅうしせん
corpuscular beam
ビームの1種。微視的粒子が共通の方向に細い流れとなって進み,内部では互いにほとんど衝突しないものをいう。適当な方法でつくった粒子の集団から,スリット組合せを通して一定の進行方向をもつものだけを取出したり,荷電粒子電磁レンズで集させたりしてつくる。電子線原子線分子線などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅうし‐せん〔リフシ‐〕【粒子線】
同一方向に進行する多数の粒子の流れ。電子線分子線・原子線・中性子線など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうしせん【粒子線 corpuscular beam】
粒子ビームともいう。中性の原子・分子,中性子,負電荷をもつ電子,正電荷をもつ陽イオンまたは原子核などの微視的粒子が,真空中で(中性子は空気中でもよい)ほぼ一方向に向かう細い流れ。互いにあまり衝突せず,したがってあまり広がらない線束をいう。X線は電磁波であるが,粒子性をもつことから粒子線に含める場合も多い。いずれも物質に衝突させたときにどのような方向にどのような強度で散乱されるかを測定し,それを解析することによって,X線の場合は物質内の原子,直接には電子の空間分布が求められ,電子線の場合は表面・薄膜・気体分子内の電子分布の解明などに役だつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りゅうしせん【粒子線】
同一の方向に進むように、細く絞った微粒子の流れの束。分子線・原子線・中性子線・電子線など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅうし‐せん リフシ‥【粒子線】
〘名〙 真空中で共通の進行方向をもち、細い流れとなって進む微視的粒子の集団。中性の分子線、原子線、中性子線と、電荷をもつ電子線、陽極線などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粒子線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

粒子線の関連情報

他サービスで検索

「粒子線」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.