Rakuten infoseek

辞書

籾摺り【モミスリ】

デジタル大辞泉

もみ‐すり【××摺り】
《「もみずり」とも》から籾殻を取り除いて玄米にすること。磨臼(すりうす)にかけ、唐箕(とうみ)で殻や粃(しいな)を除去し、千石通(せんごくどお)しで殻粒を選別する。現在は自動籾摺り機が用いられる。 秋》「―の月になるまで音すなり/碧梧桐

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

もみすり【籾摺り】
籾米を磨り臼うすあるいは籾摺り機にかけ、籾殻を取り除いて玄米にすること。もみひき。 [季] 秋。 -機

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

籾摺り
もみすり
籾の籾殻を除いて玄米にする作業。脱(だっぷ)ともいう。昔から用いられた方法は籾摺り臼(うす)を用いて摺ったので籾摺りというが、もっとも原始的な方法は臼に籾を入れて竪杵(たてぎね)で搗(つ)くもので、いまでも東南アジアやアフリカなどで行われている。この場合は籾から玄米、さらに白米にまで精製される。日本では現在は動力籾摺り機が用いられる。すなわち、二つの硬質ゴムを貼(は)ったロールを互いに逆方向に回転させ、その間を籾を通過させて籾殻を剥(は)ぎ取るのである。そのほか、籾に機械的衝撃を与えて脱殻する籾摺り機もあるが利用は少ない。普通は籾摺り装置に唐箕(とうみ)、万石通(まんごくどおし)、縦線米選(たてせんべいせん)機などを付属させた籾摺り機が用いられ、籾摺りから玄米の選別までが一貫して行われる。
 籾量とそれから得られた玄米量との比を籾摺り歩合といい、普通、重量で80%、容量で約50%である。籾摺りには籾がよく乾いていることが必要であり、水分の多い籾は籾摺り機の馬力を多く必要とし能率が悪いばかりか、砕米や、玄米の表皮が摩擦によって一部はがれた肌擦(はだず)れ米が多くなり、玄米の品質を悪くする。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

籾摺り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

籾摺りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.