Rakuten infoseek

辞書

米麹【コメコウジ】

デジタル大辞泉

こめ‐こうじ〔‐かうぢ〕【米×麹】
蒸し米にコウジカビを繁殖させて作った麹。糖化力が強く、清酒甘酒米味噌などの製造に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

米麹
麹菌を蒸した米に繁殖させたもの。麹は米のでんぷん質を糖化し、アルコール発酵プロセスに進むために欠かせない。そこで「一麹、二酒母、三造り(仕込み)」といわれるほど、麹造りの工程は重要視されている。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

精選版 日本国語大辞典

こめ‐こうじ ‥かうぢ【米麹】
〘名〙 米を原料としたこうじ。酒、みそ、しょうゆなどの製造の際、糖化物として用いる。
小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉二「味噌は、大豆を煮て米麹に和し塩を加へて作る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米麹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米麹の関連情報

他サービスで検索

「米麹」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.