Rakuten infoseek

辞書

米騒動【こめそうどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

米騒動
こめそうどう
米価の暴騰を原因とする民衆暴動をいう。江戸時代中期以降米一揆はしばしば起っており,明治維新後も 1890年と 97年の2度,富山県を中心に北越地方で同様の米騒動がみられたが,普通は,全国的な規模で行われた 1918年の騒動をさしていう。日本の資本主義経済は第1次世界大戦の影響で急速に発展したが,反面物価騰貴がはなはだしく,大戦末期のこの年には,無産大衆の実質賃金は戦前の 70%以下に低下していた。しかも米価は,政府の米価調節失敗と,シベリア出兵を見越した地主と米商人の投機買占めによって急激に上昇し,18年の春1升 (約 1.8l) 24銭だった内地米が,同年8月には 50銭に達し,民衆は深刻な食糧危機と生活難に陥っていた。こうした状況下の7月 23日,富山県魚津市で漁民婦人たちが同県産米の県外移出阻止運動を起したのを皮切りに,同県各地で大衆行動が続発し米騒動は急速な勢いで全国各地に波及していった。米屋に米の安売りを要求し,米の投機商人,米穀取引所をはじめ,高利貸や地主なども群衆の襲撃の対象となり,政府は警察のほか軍隊を出動させて鎮圧にあたったが,9月 19日までに1道3府 32県,約 500ヵ所に発生し,直接参加者は約 70万人と推定された。このため9月,寺内正毅内閣は崩壊し,原敬政友会内閣が誕生した。米騒動は事前になんらの組織もなかった自然発生的な蜂起として,近代日本が経験した初めての大規模な大衆闘争であった。 (→打毀〈うちこわし〉)  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

米騒動
1918年、米価の暴騰に苦しんでいた民衆が、県外への米の積み出しを阻止したり、米屋を襲ったりした。富山の騒動が新聞で全国に報道され、名古屋、京都、大阪、東京、広島など全国各地に広がり、寺内正毅内閣総辞職につながった。大正デモクラシー期の護憲運動普通選挙運動などにも影響を与えたとされる。
(2006-04-02 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

こめ‐そうどう〔‐サウドウ〕【米騒動】
米価の暴騰をきっかけとする民衆暴動。特に大正7年(1918)、富山県魚津町で起こったものは全国的に広まり、軍隊出動して鎮圧した。この事件で寺内内閣は総辞職した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こめそうどう【米騒動】
米価高騰を直接契機とする民衆暴動。江戸時代にしばしば発生し,明治維新以後でも全国的規模をもつものが3回あるが,ふつう,1918年(大正7)の場合を指す。(1)1890年(明治23)1月18日,富山市貧民の市役所資産家に対する救助要請行動が富山県東部にひろがり,4月から9月にかけ,鳥取,新潟,福島,山口,京都,石川,福井,滋賀,愛媛,宮城,奈良の各府県19地点に騒動が発生した。とくに佐渡相川町の場合は激烈で,6月28日から7月5日にかけ,鉱夫を中心に2000名余が蜂起,軍隊1個中隊により鎮圧された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こめそうどう【米騒動】
米価騰貴を原因とする民衆暴動。特に、1918年(大正7)富山県魚津の漁村に端を発し、全国に波及した騒動をさす。軍隊によって鎮圧されたが、時の寺内内閣は総辞職に追い込まれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

米騒動
こめそうどう
米価の騰貴を契機とする民衆の暴動。近代日本では大規模なものが3回あった。[江口圭一]

1890年

1889年(明治22)は凶作で、90年に入ると米価が暴騰し、1月18日富山市で貧民が救助を要求して騒動を起こしたのを最初として、4月から8月にかけ、鳥取市、新潟県下、下関市、高岡市などで貧民の暴動が相次いだ。最大のものは佐渡相川の暴動(6月28日~7月5日)で、鉱夫ら約2000人が蜂起(ほうき)し、軍隊が出動した。その後、福井、愛媛、宮城などの各県下にも騒動が起こった。[江口圭一]

1897年

1896年(明治29)は不作で、97年も風水害、虫害が各地にあり、9月ごろから米価が急騰し、9月から10月にかけ、長野県飯田町、富山市、山形県下、新潟県下などで貧民の騒動が続発した。[江口圭一]

1918年

この年の米騒動は日本史上最大規模の民衆暴動であった。1917年(大正6)から18年にかけて米価が高騰したが、これは第一次世界大戦中のインフレの一環であるとともに、資本主義の急速な発展により都市人口が急増し、米の需要が増大したにもかかわらず、寄生地主制下の米の生産が停滞して供給不足に陥ったことが根本的原因であり、さらに地主、米商人が投機を計って売惜しみ、買占めをしたこと、寺内正毅(まさたけ)内閣が、地主、商人の利益のため外米輸入関税撤廃の措置をとらなかったこと、シベリア出兵の決定によりいっそう買占めが行われたこと、などの事情が加わった結果であった。1918年7月以降米価は異常に暴騰し、民衆の生活難と生活不安が深まり、ついに空前の大暴動が引き起こされた。騒動はおよそ4期に区分される。[江口圭一]
第1期
1918年7月23日午前8時半ごろ、富山県下新川(しもにいかわ)郡魚津(うおづ)町で、米価が騰貴するのは米を他地方に移出するからであるとし、漁民の妻女ら46人が移出を阻止しようと海岸に集合したところを、警察に解散させられた。8月2日にかけ県下で類似の事件が2回起こったが、県外には知られなかった。[江口圭一]
第2期
同年8月3日夜、同県中新川(なかにいかわ)郡西水橋(にしみずはし)町で、出稼ぎ漁民の妻女ら約300人が資産家、米屋へ押しかけ、米の移出禁止、廉売を嘆願し、警察に解散させられた。4日夜、同郡東水橋町で数百名の女性が町長、有力者、米屋に向かい、救済を請い、米の移出禁止を要求し、騒ぎは翌日に及んだ。5日夜、隣接の滑川(なめりかわ)町でも約300人の女性が資産家、米屋に救助を訴えたが、6日には男女混成の群衆が資産家宅へ押し寄せ、打ちこわしに及んだ。同様の動きは県下各所に広がったが、5日ないし6日付けの全国各紙に3日の西水橋町の事件が「越中(えっちゅう)女房一揆(いっき)」として報じられ、8日岡山県真庭(まにわ)郡落合町(現真庭市)での事件を最初として、騒動は富山県外に波及し、岡山県各地のほか、和歌山県、香川県、愛媛県などで騒動が続発した。[江口圭一]
第3期
同年8月10日夜、名古屋、京都の両都市で大騒動が発生し、事態は新しい局面に入った。名古屋市では鶴舞(つるま)公園に1万5000~3万の群衆が集まり、演説が行われたのち、米屋町目ざして群衆が押し出し、警官隊と衝突した。騒動は11日、12日にいっそう激化し、ついに軍隊が出動して鎮圧した。京都市では10日夜、被差別部落民数百人が米屋に次々と押しかけ、米の安売りを認めさせたのを皮切りとして、11日夜には全市で安売り強要、打ちこわしが行われ、軍隊が出動、鎮圧にあたった。11日以降大阪市、神戸市でいっそう大規模な暴動が発生し、焼き打ち、略奪、乱闘が繰り広げられた。騒動は近畿、東海、中国、四国の各地に拡大し、13日には東京市で大騒動が起こり、関東各地、九州にも波及、13~14日ごろに絶頂に達した。[江口圭一]
第4期
騒動は1918年8月中旬以降、都市部から農村部におもな舞台を移し、17日以降は山口県宇部炭鉱をはじめ、同県下および北九州の諸炭鉱に激烈な炭鉱暴動が相次いだ。そのほとんどに軍隊が出動して鎮圧にあたり、宇部では13人が射殺された。騒動は9月12日熊本県万田(まんだ)炭鉱の暴動を最後としていちおう終結した。
 1918年の米騒動は約50日間に及び、青森、岩手、秋田、栃木、沖縄の5県を除く1道3府38県の38市153町177村、計368か所に大小の暴動、示威が発生した。参加人員は数百万人に達するものとみられる。政府は120地点に10万人以上に達する軍隊を出動させ、警察力と相まって騒動を鎮圧した。騒動はほとんどが夜間に自然発生した非組織的なもので、各個に鎮圧され、2万5000人以上が検挙され、8200人以上が検事処分に付された。しかし米騒動の衝撃を受けて寺内内閣は退陣を余儀なくされ、原敬(はらたかし)を首相とする政党内閣が出現した。また米騒動は日比谷焼打事件(1905)以来の一連の民衆暴動の最後のものとなり、民衆の権利意識の高まりのもとに、労働運動、農民運動、女性運動、学生運動、普選運動などの目的意識的、組織的な民衆運動が一斉に開花することとなった。[江口圭一]
『井上清・渡部徹編『米騒動の研究』全5巻(1997・有斐閣) ▽松尾尊兌著『国民の歴史21 民本主義の潮流』(1970・文英堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こめ‐そうどう ‥サウドウ【米騒動】
〘名〙 米価の暴騰によって発生する民衆の暴動。近代では、明治二三年(一八九〇)、同三〇年、大正七年(一九一八)に起こっているが、特に大正七年の騒動は富山県魚津に端を発し、労働者、農民を主力として全国民運動にまで波及、軍隊の出動によって鎮圧された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米騒動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米騒動の関連情報

他サービスで検索

「米騒動」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.