Rakuten infoseek

辞書

米長邦雄【よねながくにお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

米長邦雄
よねながくにお
[生]1943.6.10. 山梨増穂
[没]2012.12.18. 東京
将棋棋士。1956年 6級で佐瀬勇次名誉 9段に入門。1963年 4段,1979年 9段。1973年度,第22期棋聖戦で初タイトル。1984年度棋聖王将棋王,十段の 4冠王となる。1985年永世棋聖称号を受けた。1993年中原誠名人を破り,史上最年長で名人位獲得。1994年通算 1000勝を達成して特別将棋栄誉賞を受ける。中・終盤の展開には定評があり,その粘り強い棋風は「泥沼流」とも呼ばれ,瓢々としたキャラクターと相まって人気も高かった。2003年に引退,2005年から日本将棋連盟会長を務めた。通算成績は 1904戦 1103勝 800敗 1持将棋。2003年紫綬褒章,2013年旭日小綬章を授与された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よねなが‐くにお〔‐くにを〕【米長邦雄】
[1943~2012]将棋棋士。山梨の生まれ。昭和48年(1973)の棋聖戦で初タイトルを奪うと、昭和59年(1984)には十段棋聖王将棋王の4冠を獲得。昭和60年(1985)通産5期目の棋聖となり、永世棋聖の資格を得た。平成5年(1993)には名人位を獲得。局面を複雑にして粘り強く戦う棋風は「泥沼流」と称された。タイトル獲得19期は歴代6位。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

米長邦雄 よねなが-くにお
1943-2012 昭和後期-平成時代の将棋棋士。
昭和18年6月10日生まれ。昭和31年佐瀬勇次に入門。38年4段。48年棋聖戦で初タイトル。54年9段。59年に十段,棋聖,王将,棋王の四冠王となる。60年永世棋聖の資格をえる。平成5年7度目の挑戦で名人位を獲得し,タイトル獲得数は19。終盤のねじり合いにつよく,「泥沼流」と自称した。15年引退。17年日本将棋連盟会長。23年北陸先端科学技術大学院大の特任教授。平成24年12月18日死去。69歳。山梨県出身。中央大中退。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵mini

米長邦雄
将棋棋士。1943年6月10日、山梨県生まれ。56年、故・佐瀬勇次名誉九段に入門し、63年にプロ棋士となる。73年の棋聖戦で初タイトルを獲得し、84年には史上3人目の4冠(棋聖、十段、王将、棋王)を達成。85年に永世棋聖(棋聖のタイトルを通算で5期以上保持した棋士)の称号を受ける。93年、7度目の挑戦で名人戦に勝利し、49歳11カ月の最年長記録で名人位を獲得した。2003年に現役を引退。05年からは日本将棋連盟会長として将棋界の発展に寄与し、12年にはコンピューターの強豪ソフトと対局して話題を集めた。通算成績は1904戦で1103勝800敗、持将棋1。タイトル獲得数は歴代5位の計19期。終盤の劣勢になると難解な攻防に持ち込んで逆転を狙う棋風は「泥沼流」と称された。著書多数。
(2012-12-19)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米長邦雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米長邦雄の関連情報

関連キーワード

レジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広アントニー ビーバー第2次世界大戦ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.