Rakuten infoseek

辞書

米芾【べいふつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

米芾
べいふつ
Mi Fu
[生]皇祐3(1051)
[没]大観1(1107)
中国,北宋の書家,画家。襄陽 (湖北省) の人。初め名を黻 (ふつ) と書き,41歳以後 芾と改めた。字は元章,号は南宮,海岳外史など。徽宗に仕え,官は礼部員外郎となったが,書画の鑑識にすぐれ,書画学博士を賜わった。書斎を宝晋斎と号し,晋代の文人を崇拝して晋人の書画を収蔵した。また奇行が多く米顛と称された。蘇軾 (そしょく) ,黄庭堅らと交わり,当時の代表的文人であった。絵は董源 (とうげん) を学び,「米法山水」と呼ばれる特徴ある画風を創始し,書は蔡襄 (さいじょう) ,蘇軾,黄庭堅とともに四大家といわれた。書に『宝晋英光集』『書史』『画史』『海岳名言』などがある。書跡の主要作品は『草書九帖』『行書三帖』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

べい‐ふつ【米芾】
[1051~1107]中国、北宋書家画家襄陽(じょうよう)(湖北省)の人。字(あざな)は元章(げんしょう)。号、鹿門居士(ろくもんこじ)など。息子の米友仁に対し、大米という。書は王羲之(おうぎし)書風を受け継ぎ、宋代四大家の一人。絵画山水画にすぐれ、米法山水(べいほうさんすい)様式を創始した。著「書史」「画史」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べいふつ【米芾 Mǐ Fú】
1051‐1107
中国,北宋時代の書画家で,かつ鑑識大家。湖北省襄の人。初名は黻(ふつ),字を元章といい,襄陽漫士,海嶽外史,火正後人,鹿門居士,淮陽(わいよう)外史,恭門居士,無礙居士,鬻熊(いくゆう)後人などと号し,また官位奇矯言行から世に米顚などと呼ばれた。母閻(えん)氏が英宗皇后高氏の乳母として仕えた恩蔭で,神宗の代に科挙によらず校書郎となり,徽宗朝には書画学博士,礼部員外郎となった。書は王羲之の風を伝える技巧的なもので,蔡襄,蘇軾(そしよく),黄庭堅とともに宋代四大家の一人に数えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

べいふつ【米芾】
1051~1107 中国、北宋の画家・書家。字あざなは元章。「米法山水」といわれる独特の水墨による山水画法を創始。書もよくし、書画の卓越した鑑識家としても名高い。著書に「書史」「画史」などがある。 → 米点べいてん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


べいふつ
(1051―1107)
中国、北宋(ほくそう)の書家、画家。字(あざな)は元章(げんしょう)、号は鹿門居士(ろくもんこじ)、襄陽漫士(じょうようまんし)、海岳外史(かいがくがいし)など。襄陽(湖北省)の人。母が宣仁皇后に仕えたため科挙によらず官途につき、晩年書画学博士となった。石を愛し、奇石を拝し、極端に潔癖で奇行も多かったため、米顛(べいてん)、米痴(べいち)ともよばれた。画は「米法山水(べいほうさんすい)」という新しい画風を生み出した。伝統的な、細く均質精確な輪郭線から離れ、暈(ぼか)しを用い、その上に筆を横にして墨を平たく置く独創的な墨点「米点(べいてん)」を加えたものである。絵画に新局面を開いた米は、一方でまた辛辣(しんらつ)な絵画批評家でもあり、書画骨董(こっとう)の名品を収蔵し、徽宗(きそう)御府の書画の鑑定も行った。書は王羲之(おうぎし)を学び、蔡襄(さいじょう)、蘇軾(そしょく)、黄庭堅(こうていけん)とあわせて宋の四大家と称された。書の代表作には『草書四帖(じょう)』(大阪市立美術館)、『蜀素(しょくそ)帖』『真跡三帖』がある。著作に『宝章待訪録』『画史』『書史』『硯史』『宝晋栄光集』がある。
 長男の米友仁(べいゆうじん)(1072?―1151?)も書画をよくした。字は元暉(げんき)、号は懶拙(らんせつ)道人。官は兵部侍郎、敷文閣直学士に至る。晩年は高宗の側近として書画の鑑定を行った。彼の描く樹木を、根を描かないところから「無根樹」と当時の人は評した。父の米を大米(たいべい)とよぶのに対し、米友仁を小米という。[近藤秀実]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べい‐ふつ【米芾】
中国の北宋の書家・画家。字(あざな)は元章。号は海嶽外史。書は蔡襄(さいじょう)・蘇軾・黄庭堅とともに四大家と称され、また、絵画は山や樹の大体の形を水墨でとってから、ぼかしや墨の点描を加えてかき上げる「米法山水」を創始した。著「画史」「書史」「宝晉英光集」など。(一〇五一‐一一〇七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米芾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米芾の関連情報

関連キーワード

前九年・後三年の役前九年の役平泉前九年の役法界寺安倍頼時前九年・後三年の役チェコボホール[島]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.