Rakuten infoseek

辞書

米子平野【よなごへいや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

米子平野
よなごへいや
鳥取県西部,日野川下流域に広がる平野。日野川およびその支流法勝寺川が形成する沖積平野で,傾斜が比較的急なため灌漑には便利であるが,海浜部に排水不良の低湿地帯が広がる。中心都市は米子市目久美遺跡などで縄文弥生時代遺物を出土し,古墳群,条里制遺構がみられる。タバコ,二十世紀梨を産し,酪農も行われる。米子市近郊では工業化,宅地化が著しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よなご‐へいや【米子平野】
鳥取県西部、日野川下流域にある平野。大山(だいせん)西麓の扇状地西伯(さいはく)郡伯耆(ほうき)町付近を扇頂とする扇状地状になった沖積平野。広義には平野北西部の弓ヶ浜を含む。穀倉地帯で、米作のほか葉タバコ・ニンジン・白ネギなどの栽培が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よなごへいや【米子平野】
鳥取県西部,日野川の下流域に広がる平野。海岸部には弓ヶ浜砂州砂丘が発達し,その内陸側には低湿な沼沢地や後背低湿地がある。また日野川右岸には岸本町を扇頂とする扇状地が発達する。日野川左岸の支流法勝寺(ほつしようじ)川のつくる法勝寺低地も三角州状の低湿地形で,米子平野の一部をなしている。平野の東には,淀江町小波から岸本町岸本にかけて,おもに大山の火山灰や砂からなる台地地形が連続している。また平野の南にも,岸本町大寺から米子市福市にかけて,同様の火山灰や砂からなる台地が認められ,福市以西には流紋岩質・花コウ岩質の小起伏山地が分布している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

米子平野
よなごへいや
鳥取県西部、日野(ひの)川下流域の平野。大山西麓(だいせんせいろく)の扇状地や伯耆(ほうき)町付近を扇頂とする扇状地性平野で、広義には弓ヶ浜(夜見(よみ)ヶ浜)砂州(さす)を含む。美保(みほ)湾沿岸には海面変動や、日野川上流での鉄穴(かんな)流しの流砂によって広い砂堆(さたい)の形成がみられる。地質は日野山地の花崗岩砂礫(かこうがんされき)や大山の火山砕屑(さいせつ)岩砂礫などからなり、4メートル以深には貝化石を含む海成層、25メートル以深には洪積層がある。縄文早期末以後の低地遺跡のほか米子市東尾(くずも)―米子市淀江町佐陀(よどえちょうさだ)以西には条里遺構がみられ、西に三遷した河道跡を残す。江戸時代から佐野川などの用水による灌漑(かんがい)が行われ、穀倉地帯となってきた。米作のほか、砂堆地域では葉タバコ、白ネギ、ニンジン栽培が行われる。[岩永 實]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米子平野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米子平野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.