Rakuten infoseek

辞書

米友仁【べいゆうじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

米友仁
べいゆうじん
Mi You-ren
[生]煕寧7(1074)
[没]紹興21(1151)
中国,北宋末,南宋初の文人画家。襄陽 (湖北省) の人。字は元暉 (げんき) ,号は懶拙 (らんせつ) 道人,海嶽後人など。米 芾 (べいふつ) の長男を大というのに対して小米とも呼ばれた。諸官を歴任し,北宋南宋の交代期には江南の各地を転々とした。父の法 (米法山水 ) を継ぎ山水画を得意とし,米法山水の実際の形成者と考えられる。濃淡の広がりにより江南の自然を写し,それに胡粉を加えて雲気を描いた。代表作『雲山図巻』 (クリーブランド美術館) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

べい‐ゆうじん〔‐イウジン〕【米友仁】
[1072~1151]中国、北宋末・南宋初の画家書家襄陽(じょうよう)(湖北省)の人。字(あざな)は元暉(げんき)。、懶拙道人(らんせつどうじん)など。父米芾(べいふつ)を大米というのに対し、小米と称され、父の山水画法を受け継ぎ、発展させた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べいゆうじん【米友仁 Mǐ Yŏu rén】
1074‐1151
中国,北宋末から南宋初期にかけての画家。幼名は虎児,字は元暉(げんき)。号は懶拙老人,海嶽後人など。湖北省襄陽の人。米芾(べいふつ)の長子で父を大米,子を小米とも呼ぶ。画家としては父の法を継承し,個々のモティーフの輪郭を強調せず,墨の濃淡と広がりを効果的に用いた雲山図を得意とした。北宋期に大名府小尹となり,南宋に入り将作監,兵部侍郎,敷文閣直学士などに任ぜられた。【戸田 禎佑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

べいゆうじん【米友仁】
1072~1151 中国、宋代の画家・書家。米芾べいふつの子。字あざなは元暉、号は海岳道人・懶拙道人など。父の描法を継承した山水画に巧みであった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

べい‐ゆうじん ‥イウジン【米友仁】
中国北宋の書家・画家。米芾(べいふつ)の子。字(あざな)は元暉(げんき)。号は嬾拙老人。書は黄庭堅に認められ、山水画は父の米芾と並び称された。父を大米というのに対して、小米と呼ばれた。(一〇七二‐一一五一頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

米友仁
べいゆうじん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米友仁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

米友仁の関連情報

関連キーワード

承保延久胡安国三鈷寺上東門院承保藤原頼通ポルトガル共和国ファーティフスルターンメフメット橋ボスポラス橋

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.