Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

簀立て【スダテ】

デジタル大辞泉

す‐だて【×簀立て】
海中に簀を立てておき、干潮時に逃げおくれた魚を捕らえる漁法。また、その仕掛け。
円筒形の底のない竹かご。味噌醤油の諸味(もろみ)の中に立てて、こされて中に入った汁を取る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すだて【簀立て】
潮の干満を利用して,魚をとる定置漁具の一種。木,タケヨシなどで作った平行にややに向かって突き出す形で設置する。満潮のときに浅所に来た魚類で,干潮の際に簀に阻まれて取り残されるものをとる。規模,形状はさまざまで,両端に魚を誘導して,囲いに落とし込む装置をもつものもある。強固な構造ではないので,波の穏やかな内湾などで行われる。波瀬,八重ひび八重簀などと呼ばれるものも同じである。を用いれば建干網である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

簀立て
すだて

定置漁具で、魞(えり)の一種。割り竹や木片で簀を編み、杭(くい)を立てて簀を張り、複雑な迷路とする。上げ潮時に簀の中に入り込んだ魚類が、引き潮時に逃げ場を失い、わずかに残った水や流入した藻に潜伏するものを、たも網で捕獲したり、手でとらえる仕組みである。

 簀立ては、構造が弱いため、水深が浅くて波浪が静穏な河川、湖沼、内湾の岸近くに設置される。河川や湖沼などの淡水域ではコイ、フナなどが漁獲され、内湾ではスズキ、ハゼ、アイナメ、ウミタナゴ、ボラ、アナゴ、クロダイなどが漁獲される。漁期は4~12月までであるが、盛漁期は6~8月である。観光客に素手でとらせた魚類をてんぷらなどにして食べさせる観光簀立ても行われている。

[吉原喜好]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

簀立て」の用語解説はコトバンクが提供しています。

簀立ての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.