Rakuten infoseek

辞書

【ノ】

デジタル大辞泉

の【×篦】
矢の竹の部分。矢柄(やがら)。
ヤダケの古名。〈和名抄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へら【×篦】
竹・木・象牙(ぞうげ)・金属などを細長く薄く平らに削り、先端を少しとがらせた道具。布や紙に折り目や印をつけ、または物を練ったり塗ったりするのに用いる。
篦鮒(へらぶな)」の略。「釣り」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

の【篦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

の【篦】
〘名〙
① 植物「やだけ(矢竹)」の異名。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 矢の竹の部分。矢竹で製した矢柄。
梁塵秘抄(1179頃)二「鷲の本白をくゎうたいくゎうののに矧ぎて宮の御前を押し開き、無道射させんとぞ思ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へら【篦】
〘名〙
① 竹・木・金属または象牙を細長く平たくし、先のへりをややとがらせたもの。折り目や印をつけたり、物を練ったり塗ったり、その他いろいろに用いる。
※正倉院文書‐天平六年(734)出雲国計会帳「廿九日符壱道〈応運箆并礪状〉以十二月八日到国」
② 「篦刀(へらがたな)」の略。臍(へそ)の緒を切るのに用いる竹製の刀。〔書言字考節用集(1717)〕
③ (①は塗るのにもはがすのにも使うところから) どちらへも都合のよいような、あいまいな態度。いいのがれ。ごまかし。→篦を使う
※雑俳・とはず口(1739)「帰り道へらのくめんを思案ばし」
④ 植物「しなのき(科木)」の異名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

篦の関連情報

他サービスで検索

「篦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.