Rakuten infoseek

辞書

篤姫【あつひめ】

知恵蔵

篤姫
江戸幕府13代将軍・徳川家定正室薩摩藩から徳川家に嫁ぎ、家定没後は天璋院(てんしょういん)と号す。幕府崩壊時の大奥の責任者であった。1836(天保7)年生~83(明治16)年没。薩摩藩主島津氏の一門今和泉家に生まれ、幼名は一子(かつこ)、於一(おかつ)。17歳のとき、藩主島津斉彬(なりあきら)の養女となり、篤姫と改める。徳川家から家定の結婚相手を求められていた島津家が、ふさわしい女子を藩主の子としたのであった。20歳の時、将軍の嫁は公家から迎えるという慣例に倣い近衛家の養女となり敬子(すみこ)と改め、家定と結婚(56(安政3)年)。しかし家定は虚弱で、子をなすことは期待できなかったため、次期将軍の座をめぐって、紀州藩の徳川慶福(よしとみ)を推す派と、水戸斉昭の実子で一橋家養子の一橋慶喜(よしのぶ)を推す派が対立していた。篤姫の養父・斉彬は一橋派で、水戸嫌いの大奥の意向を慶喜支持に変えることを篤姫に期待していた。しかし大老に就任した井伊直弼が慶福を後嗣と決定。その直後、家定が34歳で病没する(58(安政5)年)。篤姫との結婚生活は2年もなかった。慶福改め14代将軍・徳川家茂(いえもち)は、62(文久2)年、皇女和宮を正室に迎え入れる。武家出身で徳川家の嫁の自覚を強く持っていた篤姫と、公家出身で御所風を捨てきれない和宮との嫁姑関係は、決して円満ではなかった。2人が協力しあったのは、家茂が亡き後の66(慶応2)年に15代将軍となった慶喜が、倒幕運動の高まりの中で大政奉還し、王政復古の大号令の下で、討幕軍が江戸に迫った時だった(68(慶応4)年1月~4月)。2人は、それぞれ実家の京都の宮中や討幕軍の中心になっていた薩摩軍に使者を送り、徳川家の存続を求めた。特に、江戸城無血開城には、篤姫が東征大総督府下参謀・西郷隆盛に送った手紙の功が大きかったと言われている。江戸城明け渡しに際しても、逃げ出す幕臣がいる中で、篤姫は大奥の責任者として最後まで留まった。維新後は、政権の座についた薩摩藩からの援助も拒否して質素な生活を続けながら、徳川宗家16代家達(いえさと)を養育した。彼女の毅然とした性格は、徳川家の後見人格となった勝海舟も称賛している。亡くなったときの所持金は、今の金額にして6万円だったという。
(高橋誠 ライター / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

篤姫
薩摩・島津家の分家に生まれ、江戸幕府13代将軍徳川家定の正室となった。後に「天璋永てんしょういん)」と号した。NHKの大河ドラマでは年間平均視聴率24・5%と最近10年で最高だったという。
(2009-01-26 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

あつ‐ひめ【篤姫】
徳川家定の正室天璋院が、島津斉彬の養女となって改名した敬称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

篤姫
2008年放映のNHKの大河ドラマ。原作は、宮尾登美子の小説『天璋院篤姫』。徳川家定の正室・篤姫の生涯を描く。脚本:田渕久美子。音楽:吉俣良。出演:宮崎あおい、瑛太堺雅人ほか。同年のエランドール賞・作品賞(TV部門・TVガイド賞)を受賞。主演の宮崎あおいは、ギャラクシー賞テレビ部門個人賞を受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あつひめ【篤姫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

篤姫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

篤姫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.