Rakuten infoseek

辞書

篠笛【しのぶえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

篠笛
しのぶえ
日本の管楽器篠竹横笛。長唄囃子下座音楽里神楽獅子舞などに使用。筒音壱越 (いちこつ。洋音名のニにほぼ相当) のを「一本の笛」と称し,以下順に十二律に合せて「十二本」まで 12種の管長がありうるが,通常は管長約 50.8cmの「三本」から約 36.5cmの「九本」までを用いる。指7個。筒音をミとすれば,その音階はミソラシドレミファ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しの‐ぶえ【×篠笛】
篠竹を裸身のまま使った横笛。ふつう7指孔で、音域高低により12の種類がある。長唄囃子(ながうたばやし)・歌舞伎下座音楽・祭囃子・里神楽・獅子舞(ししまい)などに用いる。竹笛しの

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

篠笛
大衆芸能などで使われる比較的簡素な作りの横笛で、篠竹(女竹)で作られています。六つの孔の物と、七つの孔の物がありますが、一般的には七孔の歌用篠笛が広く使われています。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

しのぶえ【篠笛】
日本の管楽器。横笛。竹笛あるいは単に笛,〈しの〉ともいう。歌舞伎の囃子や民俗芸能に用いられるが,かつては地歌(じうた)にも使用されたことがある。管は細い篠竹つまり女竹(めたけ)で作るが,肉が薄くの堅い竹が最上とされ,砂地の竹がその条件に合うため,房州や岐阜産のものが珍重される。竜笛能管と異なり,竹をそのままの形で使用し,竹の割れを防ぐために,首部と尾部の先端だけを樺の皮で巻き,黒漆で塗り固める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しのぶえ【篠笛】
女竹めだけを生地きじのまま使った横笛。乾燥して割れるのを防ぐため、両端を樺かばの皮で巻き黒漆で塗り固めてある。普通、七つの孔あながある。歌舞伎の囃子はやしや民俗芸能に用いる。竹笛。しの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

篠笛
しのぶえ
日本の管楽器の一種。略して「しの」ともいい、また「竹笛」ともいう。長唄囃子(ながうたはやし)、歌舞伎(かぶき)の下座(げざ)音楽、里神楽(さとかぐら)などの民俗芸能に用いられる横吹きの笛。管を裸身の篠竹(しのだけ)(女竹(めだけ))でつくるのでこの名がある。歌口は頭端に近く、普通は七つの指孔をもつが、民俗芸能などでは6孔のものも広く使われている。長唄囃子や歌舞伎の下座音楽に用いられるものの多くは、管の両端を樺(かば)で巻き、漆で塗り固めて割れを防いでいる。また、歌や三味線の調子にあわせる必要上、長さの異なるさまざまの調子のものが用意されるのが普通である。民俗芸能では、それぞれの地方独自の篠笛を用いる場合が多い。[千葉潤之介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

篠笛[祭礼・和楽器]
しのぶえ
関東地方、千葉県の地域ブランド
千葉市で製作されている。篠笛とは、祭囃子や民俗芸能などに使われる横笛。穴焼きの技法を用い、音をつくりだす指穴の形と大きさのバランスを整える。千葉県伝統的工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しの‐ぶえ【篠笛】
〘名〙 細い篠竹を生地のまま使った横吹きの笛。吹口は頭端にごく近い。下座音楽・長唄囃子(はやし)用のものは、両端を樺(かば)の皮で巻き黒漆で塗り固めてあり、七孔。音域の異なる長短さまざまの長さのものが使われる。里神楽、獅子舞、祭礼囃子などにも用いられる。竹笛。しの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

篠笛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

篠笛の関連情報

他サービスで検索

「篠笛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.