Rakuten infoseek

辞書

節度【セツド】

デジタル大辞泉

せつ‐ど【節度】
行き過ぎのない適当な程度。ほどあい。「節度のある生活」「節度を守る」
指図。指令。下知(げち)。
「我が―に違ひ、国事を誤る者あらば」〈竜渓経国美談
天皇が将軍に出征を命じたとき、そのしるしとして賜る太刀・旗・鈴など。
「中議の節会行はれて―を下さる」〈太平記・一四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せつど【節度】
言行などが度を超さず、適度であること。ちょうどよい程度。ほど。 「 -をわきまえる」 「 -ある振る舞い」
天子・天皇が大将に出征を命じたとき、しるしとして授けた刀・旗・鈴などの類。 「中議の節会行はれて-を下さる/太平記 14
命令。さしず。指揮。 「忠文朝臣が副将として彼が-をうく/正統記 後醍醐」 〔が原義〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せつ‐ど【節度】
〘名〙
① のり。さだめ。おきて。法度(はっと)。〔国語‐周語上〕
② 言行などの適当な程度。ほどあい。適度。
※応永本論語抄(1420)季氏第一六「遨遊して節度なきを云。従流、舟を浮て上り下りし、博弈し田猟する類を云」
※がらくた博物館(1975)〈大庭みな子〉犬屋敷の女「二人とも大層節度のある遠慮深さがあったから」
③ 節(ふし)。区切り。
※鶴(1952)〈長谷川四郎〉五「一挙動毎に節度をつけて銃をおろすのが聞えた」
④ 皇帝・天皇が将軍に出征を命じた時、その符節(しるし)として賜わる太刀・旗・鈴などの類。
※延慶本平家(1309‐10)二中「朝の御守りと成者は節度と云剱を給はる。我与へたらむ剱を持ならば、王の御守りとして司位一門の繁昌肩を並る人有まじ」
⑤ (━する) 下知(げち)。指揮。さしず。
※神皇正統記(1339‐43)下「経基はちかき皇孫なりしかど、承平の乱に征東将軍忠文朝臣が副将として彼が節度をうく」 〔旧唐書‐職官志〕
⑥ 「せつどし(節度使)」の略。
※唐詩選国字解(1791)七言古「節度に成って行くことと見ゆる」 〔北史‐唐邕伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

節度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

節度の関連情報

他サービスで検索

「節度」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.