Rakuten infoseek

辞書

節季【セッキ】

デジタル大辞泉

せっ‐き【節季】
《季節の終わりの意から》
年末。歳末。 冬》
盆や年末、または節句前の、掛け売買決算期

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せっき【節季】
季節の終わり。時節の終わり。時節。
年の暮れ。年末。歳末。12月。 [季] 冬。
勘定の締めくくりをする時期。普通、盆と暮れの二回。 「 -に帳かたげた男の顔を見ぬを嬉しや/浮世草子・永代蔵 2

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっ‐き【節季】
〘名〙
① 季節の終わり。また、時節。〔謝霊運‐孝感賦〕
② 年の暮。一二月の末。年末。《季・冬》
※庭訓往来(1394‐1428頃)「月迫上分、節季之年預」
掛売買の決算期。江戸では盆前と年末の二期。上方では、三月節供前・五月節供前・盆前・九月節供前・年末の五節季であったが、享保(一七一六‐三六)頃から十月晦日が加わった。
※虎明本狂言・八句連歌(室町末‐近世初)「ひさしうなる事といひ、せっきの事じゃといひ、さん用申されいと申て」
浮世草子・西鶴織留(1694)一「さる程にせはしの世や。節季(セッキ)節季は六十日の立事夢のごとし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

節季」の用語解説はコトバンクが提供しています。

節季の関連情報

他サービスで検索

「節季」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.