Rakuten infoseek

辞書

【カン】

デジタル大辞泉

かん〔クワン〕【管】
[名]内部がからで筒状のもの。くだ。「ガスの
[接尾]助数詞。笛・筆など、くだ状の物を数えるのに用いる。「一(いっかん)の笛」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん【管】[漢字項目]
[音]カン(クヮン)(呉)(漢) [訓]くだ
学習漢字]4年
〈カン〉
くだ。また、くだ状の容器。「気管血管信管土管導管配管試験管真空管
吹き鳴らす楽器。「管弦管楽器金管木管
筆の軸。筆。「彩管筆管
視野の狭いこと。「管見
担当の範囲を取り締まる。「管下管轄管掌管制管理移管主管所管保管
「管理」の略。「管財/食管・選管入管
〈くだ〉「手管
[名のり]うち・すげ
[難読]煙管(キセル)只管(ひたすら)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くだ【管/×筟】
細長い円筒形で中が空洞になっているもの。「―を通して水を送る」
機(はた)の横糸を巻いて杼(ひ)に入れる道具。
糸繰り車の紡錘(つむ)に差して糸を巻きつける軸。
管狐(くだぎつね)」の略。
管の笛」に同じ。
「吹き響(な)せる―の音も」〈・一九九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くだ【管】
中空の物体で,長短の差はあるが,比較的その径に比して長さの長いものを総称していう。管(かん),チューブtube,パイプpipeなどともいう。材質は生体から金属まで多岐にわたっており,ゴムや布などでつくられた柔軟なものはホースhoseと呼ばれる。一般に,物質の輸送路として,また容器としての機能を果たしているが,木管楽器金管楽器における管の使い方などは変わった機能として興味をそそられるものの一つである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かん【管】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かん【管】
[1] ( 名 )
中空で円柱状の棒。つつ。くだ。
管楽器。笛・ラッパなど。
( 接尾 )
助数詞。笛・筆などくだ状の物を数えるのに用いる。 「笛一-」
[句項目] 管を以て天を窺う

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くだ【管】
断面が円形で、中が空になっている細長いもの。普通、液体や気体を通すのに用いる。 「ゴムの-で水を吸い上げる」
はたを織るとき、緯よこ糸を巻きつける芯しん
糸繰り車のつむに差して、糸を巻きつける軸。
管の笛ふえ」に同じ。 「吹き鳴せる-の音も/万葉集 199

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん クヮン【管】
[1] 〘名〙
① 中が空洞になった、細長い棒状のもの。くだ。つつ。「ガス管」「水道管」 〔荘子‐秋水〕
② 筆の軸。また、筆。〔詩経‐邶風・静女〕
③ くだで作った楽器。金管楽器、木管楽器の区別がある。笛、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)などの類。管楽器。
※栄花(1028‐92頃)音楽「管を吹き絃を弾き、鼓を打ち、功を歌ひ、徳を舞ふ」 〔詩経‐商頌・那〕
④ 笛の一種。穴の六つあるもの。一説に、小さい笛で、二つをあわせて吹くもの。
⑤ 前装銃に用いる雷管。小銃の火門に、雷薬をつけて被らせたもの。銅製で、打金で打って火を発す。
⑥ 権限によって支配すること。支配されること。また、その範囲。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「官に怕(おそ)れずして管に怕れよ」
[2] 〘接尾〙 管楽器、筆など、くだで作られたものの個数を数えるのに用いる。
※延喜式(927)一三「兎毛筆七管。鹿毛筆二管」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐・す クヮン‥【管】
〘他サ変〙 ⇒かんする(管)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐・する クヮン‥【管】
〘他サ変〙 くゎん・す 〘他サ変〙
① おさめる。管理する。取り締まる。保管する。
※百丈清規抄(1462)四「法鼓をば、侍者が管するほどに侍者に借ぞ」
② 心にかける。頓着する。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)六「然れば、学人祗管打坐して他を管することなかれ」
③ かかわる。関係する。
※航米日録(1860)二「応接に管せざる者、外従臣帰船すべきに定まる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

管の関連情報

他サービスで検索

「管」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.