Rakuten infoseek

辞書

管財人【かんざいにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

管財人
かんざいにん
(1) 更生管財人 trustee in reorganization 会社更生手続きにおいて更生会社の財産の管理,事業の経営,更生計画の立案などを担当する者。更生手続き開始決定と同時に裁判所によって管財人が選任され,以後は事業の経営,財産の管理および処分の権限が管財人に専属的にゆだねられ,更生計画案の作成および遂行などを行なう。管財人は裁判所の監督のもと,善良な管理者の注意義務をもって職務を行なうべきこととされており,この義務を怠れば損害賠償責任が課される。また重大な理由がある場合には,裁判所は管財人を解任することができる。会社更生法上は管財人の語を使用しているが一般には更生管財人と呼ばれる。

(2) 破産管財人 trustee in bankruptcy 破産財団を代表し,財団の管理,換価,配当などを行なう機関。破産管財人地位については,職務説あるいは代理説などの論争があったが,現在では,管財人を破産財団という独立の法人の代表機関とする考え方 (破産財団代表説) ,および破産者の財団を管理する機構とする考え方 (管財人管理機構説) が有力。管財人は,破産宣告と同時に裁判所によって選任され,その監督を受ける。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんざい‐にん〔クワンザイ‐〕【管財人】
破産・会社更生・和議の手続きで、財産を管理する人。裁判所によって選任される。→破産管財人更生管財人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんざいにん【管財人】
広義では,他人の財産を管理する人の意味で,他人との契約,法律の規定または裁判所の選任によってその地位につく者をすべて含むが(たとえば,不在者財産管理人(民法25条),相続財産管理人(民法918,952条)など),今日では,倒産に関する法手続において倒産処理事務を遂行する機関,またはその機関に任ずるため裁判所によって選任された人を指すのが一般である。この意味での管財人には,破産管財人,和議管財人,更生管財人の3者がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんざいにん【管財人】
財産管理人の略
破産・更生の手続き中、財産を管理処分する者、また、和議手続中債務者の財産上の行為を監督する者。 → 破産管財人更生管財人

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

管財人
かんざいにん
一般には他人の財産の管理人をいう。法律上重要なものとして、破産手続における破産管財人、会社更生手続における更生管財人、民事再生手続における再生管財人(再生債務者の事業の再生のためにとくに必要があると認められるときに、選任される)がある。いずれも、それぞれの手続の開始時に(民事再生手続における管財人については、手続開始決定後の場合もある)裁判所によって選任され(1人あるいは数人)、とくに、破産管財人、更生管財人は手続の中心的役割を果たす機関である。その職務内容は、破産管財人については、破産財団の管理・処分、換価、破産債権の調査・確定、配当などであり、更生管財人については、会社の事業の経営、会社財産の管理・処分、更生計画案の作成、更生計画の遂行などである。再生管財人については、再生債務者の業務の遂行、財産の管理および処分などである。いずれも職務の執行は裁判所の監督のもとに行い、善良な管理者としての注意義務を有する。[本間義信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんざい‐にん クヮンザイ‥【管財人】
〘名〙 他人の、特に破産財団、和議手続中債務者などの財産を管理する人。管財者。
※太政官布告第三六号‐明治一三年(1880)七月一七日「分散者の管財人と為り又は会社及び共有財産を管理するの権」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

管財人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

管財人の関連情報

関連キーワード

使いこまれた財産日本トラスティ・サービス信託銀行トラストロイズTSB銀行

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.