Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

管弦【かんげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

管弦
かんげん
(1) 雅楽演奏様式名。古くは「管絃」と書いた。楽に対する。唐楽を,三管 (笙,篳篥〈ひちりき〉,竜笛〈りゅうてき〉) ,両 (楽琵琶,楽箏) ,三鼓 (楽太鼓,鉦鼓,羯鼓) で合奏する純粋な器楽合奏の形態。楽器編成は,通例,打楽器は各鼓1人ずつ,管楽器は各管3人ずつ (三管通りという。各管楽器1人ずつの場合は一管通り) ,弦楽器は各弦2人ずつとなり,合計 16人前後で行われる。各管楽器の首席奏者を音頭といい,他を助管という。弦楽器は面 (おも) 琵琶,面箏といい,助奏者を助弦という。合奏には一定の形式があり,音取 (ねとり) あるいは調子が序奏されたのち,当曲に入る。曲は笛の独奏で始り,次に打楽器と笙,篳篥,最後に琵琶と箏が加わる。舞の伴奏ではなく,音楽だけを聞かせるもので,テンポは舞楽に比べてゆるやかに,各楽器の技巧が十分に発揮されるように優雅に奏される。曲の終りは,管・弦楽器のリーダーが「止め手」という短い終結句を奏する。なお管弦の演奏会では,器楽合奏だけでなく,その間に催馬楽や朗詠を加えることが多く,これらを含めて管弦ということもある。 (2) 歌舞伎囃子の演奏様式。「かげん」と読む。雅楽の管弦を模したもので,時代狂言の御殿の幕あきなどに用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐げん〔クワン‐〕【管弦/管×絃】
管楽器弦楽器横笛などの笛類と、琵琶(びわ)などの弦(いと)類。また、楽器の総称糸竹(いとたけ・しちく)。
楽器を演奏すること。特に、雅楽の演奏。また、詩文和歌に対して、音楽をいう。「―の遊び」「詩歌―」
雅楽で、舞を伴わない楽器だけによる演奏形式。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かげん【管弦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

管弦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

管弦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.