Rakuten infoseek

辞書

算段【サンダン】

デジタル大辞泉

さん‐だん【算段】
[名](スル)
苦心してよい方法や手段を考え出すこと。「居候を追い出す算段をする」
あれこれと工夫して、金銭の都合をつけること。工面(くめん)。「引っ越しの費用を算段する」「やりくり算段

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんだん【算段】
( 名 ) スル
あれこれと手段・方法を考えること。特に、工夫して必要な金をそろえること。工面。やりくり。 「秘かに会う-をつける」 「金を-する」 「くるしい-にてもとめたる袖時計/安愚楽鍋 魯文

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐だん【算段】
〘名〙
① 計すること。勘定。
※幸若・和田宴(室町末‐近世初)「忝くも釈尊は檀特山の傍にて、閑にさむだんして見給ふに、をよそ一百八十石にしるさるる」
② 工夫(くふう)すること。手段を考えること。
※毛利家文書‐(元和八年)(1622)一一月一五日・毛利宗瑞自筆書状「爰元にてのさんたんは、みなみなよせ候而申させ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「寄るも障るも銭を遣ふ算(サンダン)ばかりで」
③ 特に、金銭の都合をつけること。工面(くめん)
※洒落本・傾城買二筋道(1798)夏の床「あすのばんまでに一両二分ばかりかしておいてくりや〈略〉少しぐらいはどふかさんだんのありそふな物だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

算段」の用語解説はコトバンクが提供しています。

算段の関連情報

他サービスで検索

「算段」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.