Rakuten infoseek

辞書

筮竹【ゼイチク】

デジタル大辞泉

ぜい‐ちく【×筮竹】
占いに用いる、50本の細い竹の棒。竹製のめどぎ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

筮竹
に用いる道具。これを使って易の卦を立てる。最も古い時代に使用されたものは、(めどき)という植物を用いていたとされ、総数は五十本あり、細い方を基、太い方を末とする。現在は手に入れやすい竹棒を利用することが多く、40センチ程度のものが一般的に使用される。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜいちく【筮竹 shì zhú】
易占に使う細い竹製の棒。50本で一組。操作しやすいように上は太く下は細く作ってあるが,卦などは刻まれておらず,まったくの無地である。本来は,100年たつと1本から100茎が生じるという伝承のある,長命の多年生植物蓍(めどはぎ)の茎が使われたが,のちには竹で代用するようになった。筮という字のなかに(みこ)があるのは,巫に代わって筮=蓍が神と人との仲介をすることを表す。それで,古くは易(占)のことを筮と呼んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜいちく【筮竹】
易の占いに用いる竹製の細い棒。普通五〇本で一組になっている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

筮竹
ぜいちく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜい‐ちく【筮竹】
〘名〙 うらないに用いる竹製の細い棒。竹製のめどぎ。ふつう、五〇本とする。
※落語・ちきり伊勢屋(1893‐94)〈禽語楼小さん〉「算木筮竹(ゼイチク)を取上げて易を立てれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筮竹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筮竹の関連情報

他サービスで検索

「筮竹」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.