Rakuten infoseek

辞書

筑前琵琶【ちくぜんびわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

筑前琵琶
ちくぜんびわ
楽器名およびその音楽。明治中期,筑前盲僧出身の橘智定 (1世橘旭翁 ) が零落の一途にあった筑前盲僧の琵琶楽の衰微を憂慮し,薩摩琵琶を研究して盲僧琵琶改良を試み,さらに門下の吉田竹子鶴崎賢定とともに三味線の手法を加味するなどして新しい琵琶楽を完成した。これを総称して筑前琵琶という。この3人はそれぞれ一流派をなしたが,今日橘流だけが普及し,旭翁を家元とする旭会と旭宗の橘会とがある。楽器としての筑前琵琶は一時筑紫琵琶と呼ばれたが,1891年頃筑前琵琶と改称された。初めはもっぱら4弦の小形のものが使われていたが,のちにやや大きい5弦が考案され,このほうがおもに用いられるようになった。5 (じゅう) 。 (ばち) は三味線の撥に似た大きさで,薩摩琵琶のようにきびしく腹板をたたくようなことはない。左指は柱と柱の間を押える。曲には地 (語る部分。琵琶は簡単な手を各句の区切りに入れるだけ) と節 (おもに琵琶の伴奏で歌う部分) の部分がある。流しのような優美な旋律に特色があり,句間に奏する琵琶の手 (旋律型) も非常に豊富である。古典的題材の曲がおもであるが,4弦には優雅な曲想のもの,5弦では勇壮闊達な曲想の傾向がある。一方ほかの楽器との合奏など新しい試みもなされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちくぜん‐びわ〔‐ビハ〕【×筑前××琶】
明治20年代、博多で橘智定(たちばなちじょう)・鶴崎賢定(つるさきけんじょう)・吉田竹子が創始した琵琶楽、およびそれに用いる楽器。筑前盲僧琵琶をもとに、薩摩(さつま)琵琶三味線音楽を参考に作られた。楽器は薩摩琵琶よりやや小さく、4弦または5弦を張り五柱(じゅう)を設けて撥(ばち)で奏する。今日、橘智定(旭翁(きょくおう))の系統が栄えている。筑紫琵琶。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちくぜんびわ【筑前琵琶】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちくぜんびわ【筑前琵琶】
明治20年代、博多で橘智定たちばなちじよう(号、旭翁)らによって創始された琵琶、また、それを伴奏とした語り物。筑前の盲僧もうそう琵琶をもととし、薩摩琵琶と三味線音楽を参考にしてつくられたもの。楽器は薩摩琵琶より小さく、四弦または五弦で五柱ごじゆう。筑紫琵琶。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

筑前琵琶
ちくぜんびわ
琵琶楽の1種目、およびそれに用いる楽器の名称。薩摩(さつま)琵琶とともに琵琶楽の二大流派をなす。
 明治維新後、盲僧(もうそう)制度が廃止され、北九州を中心とした盲僧琵琶は衰微したが、その伝統を基に明治20年代、若い3人の音楽家が新琵琶楽を創始した。そのなかの橘智定(たちばなちじょう)(初世橘旭翁(きょくおう))と鶴崎賢定(つるさきけんじょう)は晴眼者であったが、筑前盲僧琵琶の家系を継ぐ者で、とくに前者は一時鹿児島で薩摩琵琶を学び、盲僧琵琶の楽器改良などを行っている。もう1人の吉田竹子は芸妓(げいぎ)の出身で、三味線の知識をもって新様式樹立に寄与した。1893年(明治26)吉田竹子作曲の『谷村計介(たにむらけいすけ)』が、公表された最初の作品といわれている。当時は東京を中心に薩摩琵琶が全国に流行しつつあったが、橘は自ら旭翁と名のり、吉田とともに上京し新琵琶楽の普及に努めた。その結果、旭翁の橘流が薩摩琵琶と人気を二分するに至り、それと区別して筑前琵琶と称されるようになった。以後、橘流は全国的に広まり、とくに2世旭翁は優れた作曲家であったため、大正期にはますます発展した。また、初世・2世は、初世の娘婿旭宗(きょくそう)とともに、器楽の効果をあげる目的で、本来の四弦琵琶に一弦を加え、筑前琵琶の様式を豊かにしている。3世旭翁は伯父旭宗と音楽理念を異にし、ここで橘流は旭(あさひ)会と橘会に分派する。一方、吉田竹子の門からは高峰筑風(ちくふう)が出て一時名声を博したが、後継者がなく衰えた。
 楽器は薩摩琵琶よりやや小さく、四弦のものは全長約83センチメートル、五弦のものは約87センチメートルである。四弦、五弦とも柱(じゅう)は5個。四弦は斜めに、五弦は立てて構え、薄いツゲ製の撥(ばち)で弾奏する。両方とも腹板が特別処理の桐(きり)製のため音が非常に柔らかく、この音質によって、薩摩琵琶の男性的な性格に対し、筑前琵琶は女性的といわれる。歌詞は七五調を基本とするが、歌唱の切れ目だけでなく歌いながら弾奏する部分がある点が特徴的である。『湖水渡(こすいわたり)』『扇(おうぎ)の的(まと)』『壇(だん)の浦』『小督(こごう)』『衣川(ころもがわ)』などの作品が有名である。[シルヴァン・ギニアール]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちくぜん‐びわ ‥ビハ【筑前琵琶】
〘名〙 琵琶の一種。また、その歌曲。薩摩琵琶よりやや小形。棹(さお)は比較的長く、四弦または五弦を張り、五柱を設けて撥(ばち)で演奏する。音調が高く、音階も多いのが特徴。筑前博多(福岡市)の人、橘智定(初世旭翁)が薩摩琵琶と三味線楽とを融合して創始。明治三一年(一八九八)筑前琵琶と命名されたが、繊弱巧緻、また華麗であったため、婦女子の間にも流行した。筑紫琵琶。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉四月暦「鳥居何某と云ふ女琵琶師の『吉田松陰』の曲の筑前琵琶(チクゼンビワ)弾奏が有った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑前琵琶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筑前琵琶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.