Rakuten infoseek

辞書

【すじ】

知恵蔵

ストーリー」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

きん【筋】
筋肉。「が収縮する」「平目(ひらめ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きん【筋】[漢字項目]
[音]キン(漢) [訓]すじ
学習漢字]6年
〈キン〉
細長い筋線維の束でできた肉。「筋骨筋肉筋力心筋腹筋
細長い線状のもの。「鉄筋
〈すじ〉「筋道青筋粗筋(あらすじ)大筋川筋首筋毛筋背筋血筋手筋鼻筋腹筋本筋道筋
[難読]筋斗返(とんぼがえ)り翻筋斗(もんどり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すじ〔すぢ〕【筋/条】
[名]
筋肉。また、その線維。「肩の―が凝る」
筋肉を骨に付着させている組織。腱(けん)。「足の―を切る」
皮膚の表面に浮き上がってみえる血管。「―の浮き出た手」「額に―を立てて怒る」
植物などの繊維。「―のかたい野菜」
細長く、ひと続きになっているもの。線。「まっすぐに―を引く」
縞模様。「赤い―のある布地」
家系。家柄。「貴族の―を引く」
学問や芸術の流儀。流派。「彼の絵は狩野派の―だ」
素質。たち。「芸の―がいい」
10 物事の道理。すじみち。「―の通った話」
11 小説や演劇などの、大体の内容。梗概(こうがい)。「芝居の―」
12 そのことに関係のある方面。「確かな―からの情報」「消息―」
13 依頼したい事柄。おもむき。「お願いの―があって参上いたしました」
14 道路や川に沿った所。「街道―」「利根川―」
15 囲碁・将棋で、本筋とされている打ち方・指し方。
16 将棋で、盤面の縦9列のそれぞれをいう。
17 身分。地位。
「めでたきにても、ただ人の―は、何の珍しさにか思ひ給へかけむ」〈・少女〉
18すじかまぼこ」の略。
[接尾]助数詞。
細長いものを数えるのに用いる。「帯をひと―」「ふた―の道」
江戸時代、銭(ぜに)100文を数えるのに用いる。「銭さし一―」
[下接語]青筋粗(あら)筋家筋粋(いき)筋糸筋大筋大手筋・思惑筋・海道筋街道筋川筋癇癪(かんしゃく)筋官辺筋客筋金筋銀筋首筋玄人(くろうと)筋毛筋権威筋主(しゅう)筋消息筋素人(しろうと)筋親類筋政府筋背筋疝気(せんき)筋千(せん)筋其(そ)の筋太刀筋球筋千(ち)筋血筋強気筋手筋手の筋鼻筋腹筋一(ひと)筋二(ふた)筋本筋升掛け筋町筋万筋澪(みお)筋三(み)筋水筋道筋・目先筋・矢筋横筋弱気筋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

 食肉の筋.結合組織で,筋膜腱膜,腱などで構成されている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すじ【筋】
江戸時代に地勢によって区分された行政区画をいう。幕府勘定所では天領を関東筋,(東)海道筋,北国筋,(五)畿内筋,中国筋,西国(さいごく)筋と区分した。また藩によっては各郡に筋名が見られることや2郡にまたがる場合もある。村名に郡と筋名を冠して地名を示すこともあるが,これは異なった系列を示す場合が多い。美濃国には各郡に筋名が見られ,近江の彦根藩では南・中・北の3筋があり,各筋ごとに筋奉行が交通・駅伝・衣食住・年貢収納などを管轄し,その下で代官が分担執務した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きん【筋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きん【筋】
筋肉。すじ。 「胸の-が一本鉤に引つ掛つた様な心/門 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すじ【筋】
[1] ( 名 )
細長く連なったもの。
物の表面に細長くつけられたあと。線。 「白い-をつける」
細長い縦縞。 「羽に青い-の入った蝶」
生物体に含まれる繊維状のもの。
植物の繊維。 「ふきの-をとる」
筋肉。筋肉の繊維。 「 -のある肉」 「 -を違える」
けん。筋肉を骨に付着させているもの。 「 -を痛める」
血管。 「青-を立てる」
血統。家柄。血筋。 「由緒ある家の-を引く」
素質。 「 -がいい」
考え方などの全体を貫いている一本の線。
小説・芝居などで、話の展開されていく大体のありさま。梗概こうがい。 「話の-を聞かせる」
物事の道理。条理。すじみち。 「文句を言う-ではないが」
囲碁・将棋で、理屈にかなった手。また、当然打つべき急所となる点。 「無理-」 「 -違い」
その方面。対象をはっきりと指示せず、ぼかしていう語。 「その-には話をつける」 「消息-」 「中国-」
取引で、内情をよく知って売買する事情通。
道や川に沿った所。道筋。川筋。 「街道-」
かぶとの鉢の、はぎ合わせ処理をした筋目状の部分。
「すじかまぼこ」の略。
おもむき。さま。 「この世に名を得たる舞の男どもも、…子々しうなまめいたる-をえなむ見せぬ/源氏 紅葉賀
地位。身分。 「かしこき-にもなるべき人の、怪しき世界にて生れたらむはいとほしう/源氏 澪標
( 接尾 )
助数詞。
細長いものの本数を数えるのに用いる。 「帯一-」 「さお三-」
〔銭ぜにさし一すじの意から〕 江戸時代、銭百文を数えるのに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


きん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん【筋】
〘名〙 繊維状の肉の中のすじ。動物の体で、運動をつかさどるもの。筋肉。〔医語類聚(1872)〕〔周礼‐天官・瘍医〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筋の関連情報

関連キーワード

セインツベリー世界のおもな博物館グーチクラパムターナートレベリアンニーバーラトゥーレットロジャーズローズ

他サービスで検索

「筋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.