Rakuten infoseek

辞書

筋道【スジミチ】

デジタル大辞泉

すじ‐みち〔すぢ‐〕【筋道】
物事がそうなっているわけ。事の条理。道理。「筋道を立てて話す」
物事を行うときの正しい順序。「筋道を踏んで事を進める」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すじみち【筋道】
物事の道理。すじ。 「 -の立った話」
物事を行うにあたっての順序。手順。 「 -を踏む」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すじ‐みち すぢ‥【筋道】
〘名〙
① 事の道理条理。ことわり。すじ
※翁問答(1650)下「只その心けがれて身おさまらず、立身の欲心をのみ宗として、何のすじ道もなく」
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)上「一つ屋の五兵衛とて、わかい時は、男をみがき、物の筋道、りくぎをたて、無をいふ人でもなく」
② 事柄の順序。順をおった手続き。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)四「縁があって此様(こん)なに隠して上たくらゐだから、其筋道をはなしなせへ」
物事の正しいあり方。本道。
※役者論語(1776)あやめぐさ「又しても又しても此格な事をしたがるは女形の魔道なり。つゐには筋道へゆかぬ役者に成べしとぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筋道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筋道の関連情報

他サービスで検索

「筋道」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.