Rakuten infoseek

辞書

等類【トウルイ】

デジタル大辞泉

とう‐るい【等類】
同等の種類。同類。
仲間。ともがら。
和歌連歌俳諧で、素材や表現などが他の作品と類似すること。また、その歌や句。同類

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とうるい【等類】
同じような種類・性質のもの。 「潮来いたこをきざがる通者とおりものも-さ/滑稽本・浮世風呂 4
和歌・連歌・俳諧などで、他人の作品と素材や趣向・表現などが類似すること。同類。同巣。 「是、先師の樫木の-なり/去来抄」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐るい【等類】
〘名〙
① 同等の種類。同類。
※延喜式(927)一一「凡太政官下諸司諸国符。随事請内外印〈略〉廃置郡駅、断罪禁制、放賤従良等類、並請内印
※歌舞妓年代記(1811‐15)八「これみな羅紗の等類(トウルヰ)なり」
② 仲間。ともがら。〔後漢書‐陳寔伝〕
③ 和歌・連歌・俳諧で、素材・表現の字句・趣向が他人の作品と似かよっていること。俳諧では、詞や表現が似て趣向・作意の異なるものを同巣(どうそう)と呼び、これと区別する説もある。同類。
東野州聞書(1455頃)一「忘れぬ夢をとふ嵐かなといふ歌を思ひ出して、もし等類にもやとおぼえしかども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

等類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

等類の関連情報

他サービスで検索

「等類」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.