Rakuten infoseek

辞書

等長変換【とうちょうへんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

等長変換
とうちょうへんかん
isometry
一般に,距離空間距離を不変とする変換を等長変換という。ユークリッド空間の等長変換は合同変換である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうちょうへんかん【等長変換】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

等長変換
とうちょうへんかん
一つの距離空間を自分自身に写す写像で、任意の2点間の距離を変えないものを等長変換という。したがって、平面や空間の等長変換は合同変換にほかならない。以下、さらに等長変換の例をあげるため、空間のいろいろな部分集合Sを距離空間として考えるが、Sの点と点の間の距離として、この2点を結ぶS内の最短経路の長さをとるものとする。球面の中心を通る任意の直線の周りの回転移動はこの球面の等長変換である。もっと一般に、ある直線の周りの回転移動は、この直線を軸とする回転体の等長変換となる。また、楕円(だえん)

において、xy、yz、zx平面に関する対称移動はいずれも等長変換である。しかし、これらの距離空間をすこし歪(ゆが)めてみればわかるように、一般の距離空間には等長変換は恒等写像しかない。また、等長変換を多くもつ距離ほどいい形をしているといえる。[高木亮一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

等長変換」の用語解説はコトバンクが提供しています。

等長変換の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.