Rakuten infoseek

辞書

第3世代携帯電話【だいさんせだいけいたいでんわ】

知恵蔵

第3世代携帯電話
ITU(国際電気通信連合)によって定められた「IMT-2000」規格に準拠したデジタル携帯電話の方式の総称。通称「3G」。現在主流の通信方式である。初期のデジタル携帯電話であった第2世代携帯電話方式と比較して、高速なデータ通信ができることが特徴。インターネットとの高速接続や、テレビ電話などが実現されている。元々IMT‐2000は、全世界で1つの規格に統一される予定であったが、実際には各国の事情を考慮し、5つの規格が併存する形となっている。日本では、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルなどが採用している「W-CDMA」と、auが採用している「CDMA2000」が使われている。また、HSDPAなど、これらの規格を拡張・高速化したものを「3.5G」と呼ぶことも多い。
(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

IT用語がわかる辞典

だいさんせだいけいたいでんわ【第3世代携帯電話】
第2世代携帯電話の次に普及した、ITU(国際電気通信連合)が定めたIMT-2000規格に準拠したデジタル方式の携帯電話、およびその通信方式。世界共通の通話周波数を採用し、海外での利用が可能。高速データ通信を利用したテレビ電話や音楽・映像の配信といったサービスも提供。◇「3G(スリージー/さんジー)」ともいう。⇒第1世代携帯電話第2世代携帯電話3.5G第4世代携帯電話

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第3世代携帯電話」の用語解説はコトバンクが提供しています。

第3世代携帯電話の関連情報

他サービスで検索

「第3世代携帯電話」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.