Rakuten infoseek

辞書

【ダイ】

デジタル大辞泉

だい【第】
[名]りっぱな家。やしき。邸宅。
「基経の―に所謂臨時の客があった時の事である」〈芥川・芋粥〉
[接頭]数を表す語に付いて、ものの順序を表すのに用いる。「世界一の都会」「五巻」「三レース」「六感」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だい【第】[漢字項目]
[音]ダイ(呉) テイ(漢)
学習漢字]3年
一段一段と並ぶ順序。段階。「次第
古代中国の官吏登用試験。広く、試験のこと。「科第・及第登第落第
やしき。邸宅。「邸第聚楽第(じゅらくだい)
[名のり]くに・つき

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だい【第】
( 接頭 )
数を示す語に付いて、物事の順序を表す。 「 -一二番目」 「 -五回」 「 -一陣」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい【第】
[1] 〘名〙
① やしき。邸宅。てい。
※家伝(760頃)上「大臣以豊御炊姫天皇廿二年歳次甲戌、生於藤原之第」 〔史記‐孝武本紀〕
② 物事の順序や序列。次第。
※内裏式(833)九月九日菊花宴式「群臣拝舞賜祿有差其文人者後日定第」 〔春秋左伝‐哀公一六年〕
[2] 〘接頭〙 数を示す語について物事の順序を表わす。
※能因本枕(10C終)八四「除目に第一の国得たる人」
※新後撰(1303)雑下・一五四二・詞書「西園寺入道前太政大臣身まかりて、第三年の秋」 〔論語‐篇名〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

第の関連情報

他サービスで検索

「第」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.