Rakuten infoseek

辞書

第一線【ダイイッセン】

デジタル大辞泉

だいいっ‐せん【第一線】
戦場で、いちばん敵に近い戦線。最前線。
ある方面の、最も活発で中心となる位置。「音楽界の第一線で活躍する」「第一線を退く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だいいっせん【第一線】
戦線で最も敵に近い所。最前線。
その分野・団体などで、重要で最も活発な位置。 営業の- -を退く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいいっ‐せん【第一線】
〘名〙
① いちばんはじめの線。
※日の出(1903)〈国木田独歩〉「新年の初光は今将に青海原の果より其第一線(ダイイッセン)を投げ」
戦場で敵に最も近い地域。最前線
※肉弾(1906)〈桜井忠温〉一二「我が第一線は既に盛んなる銃砲火を交換しつつあった」
③ その方面で、もっとも重要ではなばなしい位置。
※一九二八・三・一五(1928)〈小林多喜二〉五「一緒にされた十四、五人は皆何時も顔を合はせ、第一線に立って闘争してきたものばかりだった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第一線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

第一線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.