Rakuten infoseek

辞書

【かさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


かさ
かぶりもの一種と音が同じであるところから笠をかぶりがさともいって区別する。一般に低い円錐形をしていて,日ざし,雨防ぎ,顔を隠すのに用いる。全国的に用いられる材料はスゲ () で,中部山岳地帯はヒノキ (檜) のへぎ (片木) ,近畿より中国,四国,九州では竹皮などが比較的多く,このほかイグサ (藺草) ,わらなどほとんど自給自足のものである。奈良時代にはおもに菅笠,平安時代には檜笠,綾笠 (あやいがさ) ,市女笠 (いちめがさ) が使われ,また室町時代には,戦陣で用いる陣笠が生れ,江戸時代には編笠,塗笠,つづら笠などが流行した。笠の製法には編み,組み,縫い,押え,張りがあり,端反 (はそり) 笠という後世の陣笠は張り笠の上に油,渋,漆などを塗って仕上げ定紋をつけたものである。また江川太郎左衛門考案の韮山 (にらやま) 笠は観世ごよりで編笠をつくり,その上に黒塗りの定紋をつけたもので,農兵が用い,また傭兵用とされた。 (→桔梗笠 , 三度笠 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かさ【×笠】
《「」と同語源》
日光・雨・雪などが当たらないように頭にかぶるもの。藺(い)菅(すげ)などで浅い円錐形に作る。「」と区別するために「かぶりがさ」ともいう。
1の形をしたもの。「電灯の」「ランプの
紋所の名。神宮笠・に笠・柳生(やぎゅう)笠など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅう【笠】[漢字項目]
人名用漢字] [音]リュウリフ)(呉)(漢) [訓]かさ
〈リュウ〉頭にかぶるかさ。「蓑笠(さりゅう)
〈かさ(がさ)〉「衣笠(きぬがさ)陣笠菅笠(すげがさ)花笠三度笠

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かさ【笠】
被り物の一種。一般にイ(藺),スゲ,竹など植物性の材料を用いて低円錐形に編み,縫い,あるいは組むなどしてこれにをつけてかぶる。もっぱら雨や雪,日ざしを防ぎ,ときには面をかくすために用いる。笠の歴史は古く,また日本だけでなく中国,東南アジアの各地にも広く分布し,中国の古い書である《詩経》にもこの語が見られる。日本では《日本書紀》神代上の巻に〈素戔嗚尊(すさのおのみこと),青草を結束(ゆ)ひて笠蓑として,宿を衆神に乞ふ〉とある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かさ【笠】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


かさ
(かぶ)り物の一種。一般に低円錐(えんすい)形につくり、これに紐(ひも)などをつけてかぶる。差し傘と区別して、「かぶりがさ」ともいう。初め笠はおもに雨具として用いられたが、のち外出の際に顔面を隠すために使われ、ついで広く屋外の労働に、雨除(よ)け・日除けとして男女ともに用いられた。
 笠の歴史は古く、中国最古の詩集『詩経』に初見され、それ以後今日まで広く東南アジア各地で使用されている。日本でも早く『日本書紀』にみえ、埴輪(はにわ)にも多く造形されている。平安時代には、頂部に巾子(こじ)とよぶ突起のある綾藺(あやい)笠が、武士の旅行・流鏑馬(やぶさめ)や田楽(でんがく)法師に用いられ、また女子の外出用には広く市女(いちめ)笠が愛用されるようになった。やがて鎌倉・室町時代に入ると、露頂(ろちょう)の風がおこり、男子も外出に藺笠・菅(すげ)笠など笠を着用することが多くなり、女子の間では相変わらず市女笠が用いられていた。江戸時代になると、笠はますます男女の間に広く行われ、各種のものが用いられたが、明治以後は、種々の帽子が普及したため、あまり用いられなくなった。
 笠の材料としては、イグサ・稲藁(いねわら)の茎、タケ・ヒノキ・マツ・スギの削り片(きれ)、スゲ・麦藁の茎、竹皮、ビロウの葉、綿布、和紙、獣皮などが使われた。これらの材料でつくられた笠は、その組織により、編(あみ)笠、組(くみ)笠、縫(ぬい)笠、押(おさえ)笠、張(はり)笠、およびこれらの笠に油・渋・漆など二次的加工を加えた塗(ぬり)笠の6種に分類される。
(1)編笠は、イグサ・稲藁などの茎で、円錐形、円錐台形、帽子形、円筒形、漏斗(ろうと)形、二つ折り形に編んでつくる。一般にアミガサ、イガサの名でよばれ、着用装置も簡単で、紐で行われることが多い。平安時代の綾藺笠、江戸時代の熊谷(くまがい)笠・十符編笠(とふのあみがさ)・目狭(めせき)笠・深(ふか)編笠・忍(しのび)笠・一文字(いちもんじ)・富士颪(おろし)・天蓋(てんがい)(虚無僧(こむそう)笠)・六部(ろくぶ)笠などは、代表的な編笠である。日笠として広く日本全土に分布し、古くから男女に着用され、とくに女性は農耕・行商・網曳(あみひ)きなどの日除け用として、男性は葬送・祭礼・盆踊りなど特殊な場合に着用した。
(2)組笠は、タケ・ヒノキなどの削り片で、円盤形、半円球形、円錐形に組んでつくる。その組織には平(ひら)組みと網代(あじろ)組みとがあり、一般にヒノキガサ、アジロガサの名でよばれ、その着用装置には、小型のものは台輪、大型のものには枕(まくら)・耳輪などの笠当(かさあて)をつけた。江戸時代に網代(あじろ)笠・綾笠・騎射(きしゃ)笠などとよばれたものは多くタケの組笠であった。古く大和(やまと)大峰(おおみね)の修験者(しゅげんじゃ)が着用したが、その分布は近畿・中部の農山村が中心で、日除けとして軽快であるうえに雨除けにも用いられ、主として男子の屋外作業用に着用された。
(3)縫笠は、スゲ・麦藁などで、円盤形、円錐形、円錐台形、帽子形、半円球形、褄折(つまおり)形、桔梗(ききょう)形に縫いつづってつくる。一般にスゲガサの名でよばれ、平安時代の市女笠・桔梗笠、江戸時代の殿中(でんちゅう)・三度笠・褄折笠・ざんざら笠・加賀笠・菅笠・平笠などは、いずれもスゲの縫笠であった。その分布はほとんど全国的で、雨笠として広く男女に着用された。
(4)押笠は、竹皮・ビロウの葉などをタケの骨組みの上からかぶせ、円錐形、帽子形、半円球形、褄折形、桔梗形に押さえ止めてつくる。一般に竹皮笠はタケノコガサ、バッチョーガサ、蒲葵(びろう)笠はコバガサ、ビロウガサの名でよばれ、江戸時代の竹子(たけのこ)笠・はちく笠・路地(ろじ)笠・蜻蛉(とんぼ)笠・駕籠屋(かごや)笠・薩摩(さつま)笠などがそれである。その分布は近畿以西の西日本で、晴雨兼用として着用されていた。
(5)張笠は、布・紙・皮などをタケの骨組みの上に、円錐形、半円球形、褄折形、桔梗形に張ってつくる。江戸時代の陣笠や、明治・大正時代に人力車夫・郵便配達夫などの使用した饅頭(まんじゅう)笠などがある。
(6)塗笠は、油・渋・漆などを塗ったもので、江戸時代に塗笠・葛籠(つづら)笠・陣笠・韮山(にらやま)笠などがあった。現在ではほとんど着装されることがなくなった。
 また、笠は古くから、単なる被り物としてではなく、祭礼における神聖な呪具(じゅぐ)としても扱われ、芸能や口承文芸においても重要な役割を果たしている。たとえば、異郷から訪れる神は簑笠(みのかさ)姿で顔を隠していると考えられ、その示現した神霊が、笠を外して木に掛けたのが笠掛け松の伝説となり、ほかに「隠れ簑笠」などの昔話にも隠れ笠や飛び笠など笠の呪術性を示す話がある。[宮本瑞夫]
『宮本馨太郎著『かぶりもの きもの はきもの』(『民俗民芸双書24』1968・岩崎美術社) ▽中村たかを著『日本の民具』(1981・弘文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かさ【笠】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

笠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.