Rakuten infoseek

辞書

笠智衆【りゅうちしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

笠智衆
りゅうちしゅう
[生]1904.5.13. 熊本
[没]1993.3.16. 神奈川
映画俳優。 1926年松竹に入社。 10年近く大部屋俳優として過したのち,小津安二郎に認められ,『大学よいとこ』 (1936) に出演。以後,出世作一人息子』 (36) や『父ありき』 (42) ,『晩春』 (49) ,『東京物語』 (53) ,『秋刀魚の味』 (62) など,おもに小津作品で味わい深い演技をみせる。ほかに『手をつなぐ子等』 (48) ,『野菊の如き君なりき』 (55) ,『家族』 (70) など。寅さんシリーズのほかテレビドラマでも味わい深い演技をみせた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅう‐ちしゅう〔リフ‐〕【笠智衆】
[1904~1993]俳優。熊本の生まれ。小津安二郎監督に見出され、昭和3年(1928)に同監督の「若人の夢」に出演。以後、「晩春」「麦秋」「東京物語」など、小津作品に欠かせない俳優として活躍した。他に「二十四の瞳」「男はつらいよ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

笠智衆 りゅう-ちしゅう
1904-1993 昭和-平成時代の俳優。
明治37年5月13日生まれ。大正14年松竹に入社。大部屋俳優をへて小津安二郎監督にみいだされ昭和10年「大学よいとこ」に出演,以後「晩春」「東京物語」など小津作品にかかせぬ存在となる。のち山田洋次監督の「家族」や「男はつらいよ」シリーズなどでも人気を博した。平成5年3月16日死去。88歳。熊本県出身。東洋大中退。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

りゅうちしゅう【笠智衆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

笠智衆
りゅうちしゅう
(1904―1993)
俳優。熊本県生まれ。1925年(大正14)東洋大学在学中に松竹キネマ蒲田(かまた)撮影所の俳優研究所第1期生として松竹に入社したが、不器用なことから大部屋で10年間下積み暮らしをした。1935年(昭和10)に小津安二郎監督にみいだされて『大学よいとこ』に準主役で出演し、以後小津監督の描く小市民の生活の哀歓を演じる主役に用いられ、『晩春』『麦秋』『東京物語』『秋刀魚(さんま)の味』などに主演した。ほかには、1948年稲垣浩監督『手をつなぐ子等』、1954年木下恵介(けいすけ)監督『二十四の瞳』、1955年『野菊の如き君なりき』、1969年から始まった山田洋次監督の寅さんシリーズ『男はつらいよ』、1990年黒澤明監督『夢』などに出演し、また、テレビドラマでも活躍した。平成5年3月16日死去。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠智衆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

笠智衆の関連情報

関連キーワード

誘導尋問日露戦争史(年表)公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪逮捕

他サービスで検索

「笠智衆」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.