Rakuten infoseek

辞書

笠懸【かさかけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

笠懸
かさかけ
群馬県東部,みどり市南部の旧町域。笠懸野と呼ばれる渡良瀬川扇状地を占める。 1990年町制施行。 2006年大間々町,村と合体して,みどり市となった。 1975年大間々用水が完成し,米作のほかトマト,ナスなどのハウス栽培が盛んになった。モモを特産する。桐生市の近郊にあるため宅地化が著しい。先土器文化時代の遺跡として有名な岩宿遺跡,縄文時代草創期の西鹿田中島遺跡 (ともに国指定史跡) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠懸
かさがけ
笠をにして,馬上からで射る騎射武術。1町 (約 109m) の馬場綾藺笠 (あやいがさ) または1尺8寸 (約 55cm) の的を遠矢で射る。射手は 10騎または 12騎。ほかに4寸 (約 12cm) の的を用いる小笠懸がある。鎌倉時代に武士の騎射訓練のため盛んに行われ,犬追物 (いぬおうもの) ,流鏑馬 (やぶさめ) とともに騎射の三つ物といわれた。古くは天喜5 (1057) 年の平定家の記に名がみえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かさ‐がけ【×笠懸】
馬に乗って走りながら弓を射る競技。平安末期から鎌倉時代にかけて盛んに行われた。もとは射手のをかけて的としたが、のちには円板の上に牛革を張り、中にわらなどを入れたものを用いた。小笠懸(おがさがけ)遠笠懸神事笠懸などの種類がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かさがけ【笠懸】
武芸鍛練のために行われた射芸の一つで,馬上より遠距離の的を射る競技。その由来は笠を懸けて的としたことによる。的はを裏板に用い,表に牛革を張り,革と板の間に綿を入れ,中央にで適宜の大きさの丸を描いた連銭のそれが使用された。的間(まとあい)は10丈(約30m)。矢は鏃(やじり)を除いて鏑(かぶら)を大きく笠懸用に作った蟇目(ひきめ)が用いられた。的の遠近により遠笠懸,小笠懸の別があった。ほかに神社の祭祀に供される神事笠懸,鬮(くじ)によって敵手を定め勝負を決する鬮笠懸,また百番笠懸,七夕笠懸などの種類があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かさがけ【笠懸】
かさかけとも
平安時代以来、長く行われた射芸の一。馬に乗って走りながら、2、30メートルの距離から的を射るもの。的は初め笠を用いたが、のちには円板に革を張り、中にわらなどを入れて膨らませたものを用いた。矢は蟇目ひきめを使う。的間が小笠懸より遠いので、遠笠懸ともいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かさ‐がけ【笠懸】
〘名〙 (古く「かさかけ」とも) 中世に行なわれた射芸の一つ。馬上から遠距離の的を射る競技。もと射手の笠をかけて的としたところによる名称。後には革張りの板的で一尺八寸。的間(まとあい)は十丈。弓は塗弓、三所籐(みところどう)の類で、矢は的を傷つけないように鏃(やじり)を除いて鏑(かぶら)を大きく笠懸用に作った蟇目(ひきめ)を用いる。また、小笠懸に対して特に遠笠懸ともいう。別に小笠懸、神事笠懸、鬮笠懸、百番笠懸などがある。《季・夏》
※中右記‐寛治六年(1092)二月八日「仰笠懸之由
※江戸繁昌記(1832‐36)五「而して騎射の三科を笠掛(カサカケ)と曰ひ、犬射(いぬゐ)と曰ひ、流鏑馬(やぶさめ)と曰ふ」
[補注]騎射の中で一番古くからあり、犬追物や流鏑馬(やぶさめ)ほど儀式に厳しくなく、設備も簡単で場所も狭くてすむので、平安・鎌倉時代は盛んに行なわれ、日記類にもしばしば記されている。室町時代になると、騎射の三つ物の一つとして武人の間で盛んに行なわれた。江戸時代には、徳川吉宗が犬追物・流鏑馬などと共に復興した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

笠懸
かさがけ
鎌倉時代より武士に愛好された武技の一つ
走っている馬上から笠または的を射る競技で,犬追物や流鏑馬 (やぶさめ) と並んで,武士の子弟の鍛練のために愛好された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠懸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

笠懸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.