Rakuten infoseek

辞書

笠岡諸島【かさおかしょとう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

笠岡諸島
かさおかしょとう
岡山県南西部に南北に並ぶ瀬戸内海の島嶼(とうしょ)群。笠岡市に属し、主要な島は片島、神島(こうのしま)、高島(たかしま)、白石島(しらいしじま)、北木島(きたぎしま)、真鍋島(まなべしま)、大飛島(おおびしま)、小飛島(こびしま)、六島(むしま)で、このうち片島と神島は笠岡湾干拓により陸繋(りくけい)化された。白石島は白石踊、北木島は石材産出、真鍋島は花卉(かき)栽培で知られる。また沿岸は釣り場によく、白石、北木両島は夏の海水浴客でにぎわう。人口2513(2009)。[由比浜省吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

笠岡諸島
(岡山県笠岡市)
おかやまの自然百選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠岡諸島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

笠岡諸島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.