Rakuten infoseek

辞書

【しゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しゃく
「こつ」ともいう。束帯のとき威儀を正すために用いた長さ1尺2寸 (約 40cm) の板状のもの。礼服着用のときには象牙製,束帯,袍袴 (ほうこ) のときには櫟 (いちい) 製を用いた。儀式の複雑化につれて,備忘のため式次第などの覚え書を書きつけることもあった。現在は神職が用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こつ【×笏】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく【×笏】
束帯着用の際、右手に持つ細長い板。もとは備忘のため笏紙(しゃくし)をはるためのものであったが、のちにはもっぱら威儀を整える具となった。木や象牙で作る。さく。こつ。
[補説]「笏」の字音「コツ」が「骨」に通うのを避けて、長さが1尺ほどであるところから「尺」の音を借りて当てたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃく【笏】
官位にある者が礼服(らいふく)または束帯を着用する際,威儀をととのえるにあたって右手に持つ細長い板をいう。中国ではコツと呼び,すでに周代から使われていた。日本ではコツの音が骨に通ずるところからこれを嫌い,またその長さが1尺であったことから〈しゃく〉と称するようになったことが《倭名類聚抄》に記されている。元来は手板(しゆばん)とも呼ばれて,君命や奏上事項を板の上に書いて忽忘(こつぼう)に備えた備忘用の板であり,威儀の料となっても笏紙(しやくし)といって儀式の覚書を記した紙を笏の内側にはることが行われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こつ【笏】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こつ【笏】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく【笏】
〔本来の字音「こつ」が「骨」に通うのをきらって、その長さが一尺ほどあるところから「尺」の音を借りたものという〕
束帯を着るとき、右手に持つ細長い板。初めは式次第などを紙に書き、裏に貼って備忘用としたが、のちには儀礼用となった。材質は木または象牙。手板しゆはん。さく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


しゃく
貴族階級の服装に用いられる威儀具。笏は「こつ」と読むのが正しいが、骨と同音のため、嫌って「しゃく」といわれるようになった。もと、儀式の際に備忘のため式次第を書いた紙を笏の裏に貼(は)り、右手に持ったもので、手板とも称した。養老(ようろう)の衣服令(りょう)で礼服および朝服に五位以上の者に牙笏(げしゃく)、六位以下は木笏(もくしゃく)と定められた。しかし象牙(ぞうげ)の入手が困難なため、平安時代になると牙笏は礼服のみに用いられ、朝服にはみな木笏が用いられることとなった。天皇の用いる笏は上下ともほぼ方形とし、臣下は上円下方として上が丸みを帯び、下部がしだいに幅狭くなり端が方形である。木笏の材料は櫟(いちい)(一位)を最上とし、柊(ひいらぎ)、桜、榊(さかき)、杉などの板目がよいとされている。[高田倭男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こつ【笏】
〘名〙 束帯着用のとき、右手に持つ木または象牙の板。しゃく。〔文明本節用集(室町中)〕〔釈名‐釈書契〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さく【笏】
〘名〙 束帯を着用する際、右手に持つ板片。しゃく。
※宇津保(970‐999頃)あて宮「飯匙をさくにとり、靴片し、草鞋片し、踵をばはなに穿きて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく【笏】
〘名〙 (「笏」の漢音「こつ」が「骨」に通うのを忌んで、笏の長さ一尺の「尺」を用いて「しゃく」と発音したもの) 礼服または朝服を着用するとき、右手に持つ細長い板。天皇は上方下円、臣下は上円下方で、裾窄みを例とした。材質は、礼服は象牙または犀角、朝服は木笏で、イチイ、サクラなどを用いる。威儀をただしての神拝用として神職は装束に関係なく木笏を常用している。手板(しゅはん)。さく。
※続日本紀‐養老三年(719)二月乙巳「初令天下百姓右襟、職事主典已上把一レ笏。其五位以上牙笏。散位亦聴笏。六位已下木笏」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

笏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.