Rakuten infoseek

辞書

竹沢先生と云ふ人【たけざわせんせいといふひと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

竹沢先生と云ふ人
たけざわせんせいといふひと
長与善郎長編小説。 1924~25年発表。日本近代医学の先駆者であった父長与専斎を偲びつつ,父から受継いだ資質のままに,おりにふれての人生観世界観,宗教観などを,自己の分身である竹沢先生に語らせるという趣向の小説。西洋と東洋の調和融合の姿勢で穏健な教養,思想が述べられ,作者の代表作となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たけざわせんせいというひと〔たけざはセンセイといふひと〕【竹沢先生と云ふ人】
長与善郎の思想小説。自身が主宰する同人誌不二(ふじ)」に、大正13年(1924)から大正14年(1925)にかけて連載。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たけざわせんせいというひと【竹沢先生と云ふ人】
長編小説。長与善郎作。1925年(大正14)刊。弟子の視点から竹沢先生との関係を回想、思索的な生活を通して理想的人間像を提示する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たけざわせんせいというひと たけざはセンセイといふひと【竹沢先生と云ふ人】
長与善郎作。大正一三~一四年(一九二四‐二五)発表。主人公竹沢先生の死後、弟子塚本が手紙や随筆などに基づいて先生の思想や生活を回想するという形式で竹沢先生を通し作者自身の人生観を表わした独特な思想小説。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹沢先生と云ふ人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竹沢先生と云ふ人の関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

「竹沢先生と云ふ人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.