Rakuten infoseek

辞書

竹本座【たけもとざ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

竹本座
たけもとざ
義太夫節人形浄瑠璃の代表的劇場。貞享1 (1684) 年竹本義太夫 (筑後掾) が大坂道頓堀に創立。元禄 16 (1703) 年近松門左衛門作『曾根崎心中』の成功で座の基礎を固め,宝永2 (05) 年から1世竹田出雲が座本となり経営面を引受け,筑後掾は座頭 (ざがしら) として活躍。筑後掾死後,1世竹本政太夫 (播磨少掾) が座頭格となり,正徳5 (15) 年近松の『国性爺合戦』で成功。播磨少掾は,豊竹座の派手な東風に対する質実な西風の曲風を確立。延享~寛延期 (44~51) ,2世竹田出雲,並木千柳ら合作による『菅原伝授手習鑑』『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』などの傑作を続出,人形遣い吉田文三郎の人気と相まって,人形浄瑠璃全盛期を現出した。その後,座内に分裂を生じ,宝暦 (51~64) 以後は衰え,明和4 (67) 年3世の座本竹田文吉のとき中絶,再興されたが永続せずに終った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たけもと‐ざ【竹本座】
人形浄瑠璃の劇場。貞享元年(1684)初世竹本義太夫が大坂道頓堀に創設。近松門左衛門を座付き作者とし、東の豊竹座と人形浄瑠璃全盛期の興行を二分した。明和4年(1767)廃座。西の芝居。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たけもとざ【竹本座】
人形浄瑠璃の劇場。竹本義太夫により1684年(貞享1)大坂道頓堀に設立された。1705年(宝永2)竹田出雲を座本に,近松門左衛門を座付作者に迎え,興行界に確固たる位置を占めるようになった。筑後掾(義太夫)没後の危機も,《国性爺合戦》の成功や竹本政太夫(播磨少掾)らの活躍で切りぬけた。近松亡きあと,出雲,松洛,文耕堂ら合作による人形浄瑠璃の名作が,此太夫(筑前少掾),2世政太夫や人形の吉田文三郎らで上演され,豊竹座と競いつつ盛況をきわめた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たけもとざ【竹本座】
人形浄瑠璃の劇場。初世竹本義太夫が1684年、大坂道頓堀戎橋えびすばし南詰めに創設。作者に近松門左衛門を迎え、「西の芝居」と称されて隆盛を極め、東の豊竹座とともに人形浄瑠璃の拠点となった。1767年廃座。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

竹本座
たけもとざ
人形浄瑠璃(じょうるり)の劇場。初世竹本義太夫(ぎだゆう)(筑後掾(ちくごのじょう))が興行師竹屋庄兵衛(しょうべえ)と提携し、1684年(貞享1)大坂道頓堀(どうとんぼり)に創設、作者に近松門左衛門、人形遣いに辰松(たつまつ)八郎兵衛、三味線に竹沢権右衛門(ごんえもん)らを擁し、浄瑠璃界に新風をおこした。しかし竹田からくり芝居や歌舞伎(かぶき)に押されて経済的には恵まれなかったが、1703年(元禄16)の『曽根崎心中(そねざきしんじゅう)』の大当りで負債を返した。筑後掾が病気引退したのち、1705年(宝永2)初世竹田出雲(いずも)が座本となって経営を引き受け、筑後掾の再出馬を得て興行方針を刷新、傾いた座運を盛り返した。1714年(正徳4)筑後掾の没後、政太夫が2世義太夫(播磨少掾(はりまのしょうじょう))を継ぎ、『国性爺合戦(こくせんやかっせん)』の大成功によって竹本座の確固たる地位を築いた。近松の死後の作者には、座本の出雲、文耕堂、長谷川千四、並木千柳(せんりゅう)、三好松洛(みよししょうらく)ら、人形遣いに吉田文三郎があって、竹本座の隆盛に貢献した。かくて18世紀中ごろ(享保末~宝暦)には人形浄瑠璃全盛期を迎え、『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)』『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』などの名作を続々上場して、豊竹(とよたけ)座(1703創設)とともに歌舞伎を圧倒した。当時竹本座のじみな芸風を西風(にしふう)、はでな豊竹座を東風とよんだ。その後、歌舞伎の興隆に押されて衰え、最後の名作者近松半二の努力もむなしく、3世出雲の代の1767年(明和4)に退転、その後一時復興したが続かなかった。[山本二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たけもと‐ざ【竹本座】
江戸中期に大坂道頓堀戎橋(えびすばし)南詰にあった人形浄瑠璃の劇場。貞享元年(一六八四)頃竹本義太夫が創設、近松門左衛門が後に座付作者となり、多くの名作が上演された。道頓堀東の豊竹座に対して西の芝居(西風)とも呼ばれ、義太夫引退後は、竹田出雲が代々座元となったが、明和四年(一七六七)退転。再興が計られたが、同八年には廃絶した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹本座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竹本座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.