Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

竹帙【タケチツ】

デジタル大辞泉

たけ‐ちつ【竹×帙】
巻子本(かんすぼん)経巻などの巻物を包む一種。細くけずったを色糸で編み、で縁どりしたもの。奈良時代に多く用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちく‐ちつ【竹×帙】
細い竹を簀(す)のように編んだ巻子本(かんすぼん)を包むのに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たけ‐ちつ【竹帙】
〘名〙 帙の一種。細くけずった竹を色糸で編んで錦のきれなどで縁(ふち)どりをしたもの。巻子本(かんすぼん)、経巻などをまいておく。奈良時代に多く用いられた。ちくちつ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちく‐ちつ【竹帙】
〘名〙 細い竹で簀子(すのこ)状に編んだものに、絹錦などで縁どりをし、緒紐をつけた帙。書物の傷みを防ぐためのおおいに用いる。帙簀(ちす)。たけちつ。
※正倉院文書‐天平宝字四年(760)七月二五日・東寺写経所経帙返収文案「一反上竹帙廿枚 五枚赤形縫物、十五枚青形縫物」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹帙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竹帙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.