Rakuten infoseek

辞書

竹に雀【タケニスズメ】

デジタル大辞泉

竹(たけ)に雀(すずめ)
竹にスズメのいる図柄。日本画の画題。
取り合わせのよいことのたとえ。
所の名。笹竹(ささたけ)で丸を作り、その中にスズメが向き合っているもの。上杉氏長尾氏・伊達氏などが用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

たけにすずめ【竹に雀】
宮城の日本酒。酒名は、伊達家の家紋由来。淡麗辛口の純米酒。原料米はササニシキ蔵元は「伊澤本舗」。現在は廃業は仙台市青葉区木町通にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たけにすずめ【竹に雀】
取り合わせのよいもののたとえ。
家紋の一。竹に雀をあしらったもの。竹を輪にして、中に雀を入れたものが多い。伊達家・勧修寺かじゆうじ家などの紋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たけ【竹】 に 雀(すずめ)
① (取り合わせのよいものとされるところから) 図柄として、また、一対として格好なものにたとえる。
※浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)三「これこの竹もその本は、竹に雀と離れぬ中」
② 紋所の名。笹竹の丸の内に雀が向き合っている形を図案化したもの。上杉氏・長尾氏・伊達氏などが用いた。
※浄瑠璃・曾我会稽山(1718)四「たけにすずめはせんだい屋のみちのく殿」
③ (②の紋を用いていたところから) 特に、仙台の伊達家をさしていう。
※浄瑠璃・曾我五人兄弟(1699頃)紋尽し「たけにすずめはみちのくの、五十四ぐんのそうまん所だてといふより」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹に雀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竹に雀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.