Rakuten infoseek

辞書

【キョウ】

デジタル大辞泉

きょう【競】[漢字項目]
[音]キョウ(キャウ)(慣) ケイ(漢) [訓]きそう せる くらべる
学習漢字]4年
〈キョウ〉
勝敗・優劣を争って張り合う。きそう。「競泳競演競技競走競争競艇競歩
値段をせり合う。「競売
〈ケイ〉に同じ。「競馬競売競輪
[名のり]つよし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くら【競】
[接尾]《「くらべ」の略》動詞の連用形またはそれに促音を伴った形に付いて、競争する意を表す。「押し」「駆けっ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くら【競】
( 接尾 )
〔「くらべ」の略〕
動詞の連用形またはそれに促音の付いた形に付いて、競争することの意を添える。 「押し-」 「にらめっ-」 「かけっ-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きお・う きほふ【競・勢・気負キおふ
〘自ワ五(ハ四)〙
① (競) 負けまいとしてはりあう。競争する。せりあう。先を争う。
※万葉(8C後)二〇・四四六九「渡る日の影に伎保比(キホヒ)て尋ねてな清きその道またも逢はむため」
※源氏(1001‐14頃)帚木「風にきほへる紅葉の乱れなど、あはれとげに見えたり」
② 気力を集中してふるまう。勇みたつ。意気込む。勢いがある。
※玉塵抄(1563)五「ことの南風の声がきをわぬほどに楚のいくさ利を得まいと云たぞ」
※談義本・華鳥百談(1748)五「こりゃきほひ給へと、せなかをたたきてそやし立られ」
③ (気負) 自分こそはといった考えや態度をする。
※ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉海へ「思い上りということがある。〈略〉『マルクス・レーニンの筋金』と気負うのもその一つかもしれぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きそい きそひ【競】
〘名〙 (動詞「きそう(競)」の連用形の名詞化) 互いに負けまいと張り合うこと。競争。きおい。
※匠材集(1597)四「きそひ これもあらそふ也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きそ・う きそふ【競】
〘自ワ五(ハ四)〙 互いに張り合う。競争する。あらそう。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※後裔の街(1946‐47)〈金達寿〉四「屋台の店は先をきそってしまいはじめる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くら【競】
〘接尾〙 (「くらべ(競)」の略) 動詞の連用形または、それに促音のついた形に付いて、競争することの意を添える。〔名語記(1275)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「また酒ののみっくらしよふとおもってか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

競の関連情報

他サービスで検索

「競」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.