Rakuten infoseek

辞書

競売【きょうばい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

競売
きょうばい
競売」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

競売
けいばい
Versteigerung
多数人が争で値づけをし,そのなかの最高価買受け申出人に売却する方法で行う売買。 (1) 競売を国家機関が行う場合,これを公の競売または公売という。金銭債権についての不動産強制執行は,公の競売によることができるが,これを強制競売という。 (2) 狭義では民事執行法第4章の担保権実行としての競売を意味する。 (3) 形式的競売 民法または商法の規定によって競売をしようとする者の申立てに基づき,民事執行法の定めによってする競売 (195条) 。財産の保管または整理などの目的をもって,その目的物を換価するために行われる。たとえば,共有物分割のためにする競売 (民法 258条2項) ,弁済者の弁済供託のための競売 (民法 497,非訟事件手続法 83) ,商人間に行われる商事売買の自助売却に基づく競売 (商法 524,527,非訟事件手続法 126条5項) などである。この種の競売では,競売機関の任務は換価をもって終了し,請求権の満足とか責任の実現などとは無関係である。ただ手続法上,民事執行法の規定に準拠してされるため,一般に形式的競売と呼ぶのである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐ばい〔キヤウ‐〕【競売】
[名](スル)複数の買い手に値をつけさせて、最高価格を申し出た者に売る方法。法律では、「けいばい」とよびならわされている。せり売り。「競売に付す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐ばい【競売】
法律で「競売(きょうばい)」のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事業再生用語集

競売
債務者が債務を返却できない場合に、債権者が裁判所を通じて債務者の財産(不動産)を競りにかけ、最高価格の申出人に対して売却すること。その売却代金によって債務の弁済を受けるという制度。

出典:(株)セントラル総合研究所

とっさの日本語便利帳

競売
売主が多数の買主のうち最高価の申出者に売る売買方式。法令上は民事執行法等に定めがある。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

リフォーム用語集

競売
売り主が大勢の人を集めて買い受けの申し出を促し、最高価格の人に承諾を与えて売買すること。また、融資の返済ができない場合に、裁判所を通じて債務者の財産を処分すること。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうばい【競売】
〈けいばい〉とも読む。広義では,多数の買い手を集めて,動産や不動産について口頭で買受けの申出をさせ,最高価額を申し出た者との間に売買を成立させることをいう。〈せり売り(せり)〉と同義。裁判所によって行われ,強制競売不動産競売,動産競売などがある。狭義では金銭債権の執行ないし租税の滞納処分の方法として認められる法制度上の手段をさす。これは税務官庁が行うもので,租税滞納処分の一段階として行われる公売がこれにあたる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

けいばい【競売】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうばい【競売】
( 名 ) スル
多くの買い手に値段をつけさせ、最も高い値段をつけた人に売る方法。せりうり。けいばい。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けいばい【競売】
法曹界などで、「競売きようばい」を読みならわしていう。 → きょうばい(競売)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐ばい キャウ‥【競売】
〘名〙
① 売り手が一定の期日に買い手を集め、競争で値をつけさせて、最高価格を申し出た人に売ること。国の機関が行なうものは公売ともいう。また、現在、法律では普通「けいばい」と読む。せりうり。オークション。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「果穀菜蔬の市を開きて競売をなす」
② 担保物件を債権者などの申し立てに基づいて、裁判所または執達吏が競売法によって売り払うこと。けいばい。
※東巡録(1876)〈金井之恭〉一「本社所産の良馬十二頭を出し、夫より群馬競売を始む」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐ばい【競売】
〘名〙 (「けい」は「競」の漢音) 現在の法律用語で「きょうばい(競売)」をいう。→きょうばい

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

競売」の用語解説はコトバンクが提供しています。

競売の関連情報

他サービスで検索

「競売」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.