Rakuten infoseek

辞書

【タン】

デジタル大辞泉

たん【端】
物事の初めの部分。いとぐち。きっかけ。
「先ず我より事の―を開き」〈福沢学問のすゝめ
たん(反)1

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん【端】[漢字項目]
常用漢字] [音]タン(呉)(漢) [訓]はし は はた はした
〈タン〉
形・姿勢がきちんと整っている。「端座端正端然端麗異端
はし。「端末一端極端口端上端舌端先端突端北端末端両端
物事の始まり。いとぐち。「端緒戦端途端発端(ほったん)
事柄。「多端万端
正に。ありのままに。「端的
〈はし(ばし・ぱし)〉「端端一端(いっぱし)片端
〈は(ば・ぱ)〉「端数(はすう)端役軒端半端(はんぱ)
〈はた(ばた)〉「道端炉端井戸端
[名のり]ただ・ただし・ただす・なお・はじめ・まさ・もと
[難読]木端(こっぱ)端女(はしため)端折(はしょ)る

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つま【端/妻】
物のはしの部分。へり。

㋐建物の長手方向の端部で、と直角をなす壁面。妻壁。⇔平(ひら)
切妻(きりづま)入母屋(いりもや)の屋根の側面の三角形の壁面。
物事のいとぐち。てがかり。端緒。
「なかなか物思ひの―なるべきを」〈須磨

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は【端】
物のはし。へりの部分。はた。「口の」「山のに昇る月」
はんぱなこと。また、そのもの。はした。「数」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はし【端】
《「はじ」とも》
中央や中心からいちばん離れた部分。
㋐細長いものの先端や末端。「棒の」「行列の
㋑ある場所や空間内の、周辺に近い部分。「手紙のに書き添える」「机を部屋のに寄せる」
物を切り離したうちの、小さい方。切れはし。「革の
物事の、核心から遠い部分。重要でない部分。また、全体の中の一部分。「言葉のをとらえる」
物事の初めの部分。順序の1番目。「問題をから解く」「聞いたから忘れる」
建築物で、外に面した所。表に面した部屋・出入り口や廂(ひさし)・縁側・簀子(すのこ)など。
「―に出でゐて、…頭かい梳(けづ)りなどしてをり」〈大和・一四九〉
書物などの冒頭。また、序文。
「―に書くべきことを奥に書き」〈賀茂女集〉
物事のおこりはじめ。端緒。また、とっかかり。
「逢ひ見むと言ひ渡りしは行く末の物思ふことの―にぞありける」〈千載・恋四〉
中途半端の意で、自分の地位・身分などを謙遜していう語。はしくれ。
「木にもあらず草にもあらぬ竹のよの―に我が身はなりぬべらなり」〈古今・雑下〉
端女郎(はしじょろう)」の略。
「あの太夫の―へ下りるは間のないこと」〈浮・万金丹・一〉
10 (「端に」の形で接続助詞的に用いて)…する間に、一方では。…するかたわらで。
「うち嘆き萎(しな)えうらぶれ偲(しの)ひつつ争ふ―に木の暗(くれ)の四月し立てば」〈・四一六六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はじ【端】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はした【端】
[名・形動]
計算の結果、ちょうどきりのよい数量を基準にしたときに現れる過不足の数量。「が出る」「を切り捨てる」
端金(はしたがね)」の略。
「手切れの―にはあらざりけんを」〈一葉・暁月夜〉
どちらともつかないこと。中途半端なこと。また、そのさま。
「―に延びた命の断片を、運動で埋める積りで歩くのだから」〈漱石・彼岸過迄〉
「御子は立つも―、居るも―にてゐ給へり」〈竹取
端女(はしため)」の略。
「𠮟りとばさるる―の身」〈一葉大つごもり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はた【端/傍/側】
(端)物のふち・へり。ある場所のほとり。「道の―に車をとめる」「池の―」
(傍・側)そば。かたわら。また、そばにいる人。第三者。「―で見て覚える」「―のにする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はな【端】
《「」と同語源》
物の突き出た先の所。先端。はし。「岬の
物事の初め。最初。「話のを押さえる」「から相手にされない」
動詞の連用形の下に付き、その動作・状態に入ったすぐ後の、の意を表す。「寝入り(ばな)」「出(でばな)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たん【端】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はし【端】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たん【端】
物事のはじまり。きっかけ。いとぐち。
たん」に同じ。
[句項目] 端を発する 端を開く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は【端】
物のはし。はた。また、へりの部分。ふち。 「山の-」 「口の-にのぼる」
はんぱであること。はした。 「 -数」 「 -ダケマケル/ヘボン 三版

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はし【端】
〔「はじ」とも〕
真ん中から最も遠いあたり。へり。ふち。 「道の-に寄って車をよける」 「ノートの-に書く」
細長い物の先の方。 「ひもの両-」 「 -から-まで百メートルある」
切り離した部分。 「木の-」 「 -ぎれ」
物事の重要でない一部分。 「言葉の-をとらえる」
物事の起こるはじめ。端緒。 「物思ふことの-にぞありける/千載 恋四
間。あわい。 「行く鳥の争ふ-に/万葉集 199
家の外の方。 「こなたは、あらはにや侍らむ。今日しも、-におはしましけるかな/源氏 若紫
中途半端。どっちつかず。 「 -にわが身はなりぬべらなり/古今 雑下
文書のはじめ。 「奥より-へよみ、-より奥へ読みけれども/平家 3
「端女郎はしじよろう」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はじ【端】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はな【端】
〔「はな(鼻)」と同源〕
[1] ( 名 )
物事の最初。 「 -からやり直す」 「 -からわかっていた」
物の突き出た先の部分。先端。はし。 「突堤の-に舟をつける」
( 接尾 )
物事を始めた時。やり始めの時。多く連濁して「…ばな」の形で用いられる。 「寝入り-」 「出-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん【端】
〘名〙
① 物のはし。さき。
② 物事がはじまるきっかけ。いとぐち。はじめ。
正法眼蔵(1231‐53)仏性「有仏性の道にも、無仏性の道にも、通達の端を失せるがごとくなり」 〔孟子‐公孫丑〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は【端】
[1] 〘名〙
① はし。はた。へりの部分。ふち。
※万葉(8C後)一五・三六二三「山の波(ハ)に月傾けば漁(いざ)りする海人のともしび沖になづさふ」
② はんぱであること。はした。端数
申楽談儀(1430)能の色どり「児(ちご)なんどをばはにいだすべからず」
③ 三味線で、棹や胴の表面から弦までの距離をいう。
[2] 〘語素
① 数の程度を表わす。「年端」
② 場所を表わす。「行端」「逃端」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ば【端】
〘語素〙 名詞動詞連用形に付いて、はし、末の意を表わす。「さがりば」「かかりば」「のきば」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はし【端】
〘名〙 (「はじ」とも)
① 物事の末の部分。
(イ) 細長い物の末の部分。また、平らな物などの周辺の部分。へり。ふち。さき。
※書紀(720)一五・顕宗元年二月(寛文版訓)「縄の端(ハシ)に鐸(ぬりて)を懸けて」
※源氏(1001‐14頃)空蝉「このきはに立てたる屏風はしのかたおしたたまれたるに」
(ロ) 特に、畳のへり。また、敷物などの縁。
※枕(10C終)二七八「畳一ひらをながさまにはしをはしにして、長押(なげし)の上に敷きて」
(ハ) 物を切り離した、小さいほうの部分。切れっぱし。断片。
※蜻蛉(974頃)上「脛を布のはしして引きめぐらしたるものども」
(ニ) 多くある物の中の一部分。また、ひとつのまとまりをなしているものの一部分。
※蜻蛉(974頃)上「おほかたふるものがたりのはしなどをみれば」
(ホ) 同じ種類の物の中の末梢的な事柄。取るに足りない存在だが、一応はその部類にはいっている人や物。はしくれ。
※今昔(1120頃か)五「其に我も獣の端也」
(ヘ) 物事の大切でない部分。枝葉末節。
※平家(13C前)四「僉議はしおほし。夜のふくるに、いそげやすすめ」
② ある場所を中心としてその周辺の部分。
(イ) 中心からはずれた隅の方の場所。末端の方の場所。
※虎明本狂言・雁盗人(室町末‐近世初)「けんくゎのうちに、こなたの御手がたなのはしへまいったを見ましたが」
(ロ) 家屋の中央や奥に対して外側や周辺の所。また、その部屋。寝殿造りでは、廂の間や簀子(すのこ)などをさす。
※大和(947‐957頃)一四九「はしにいでゐて、月のいといみじうおもしろきに、頭かい梳(けづ)りなどしてをり」
(ハ) 家屋の出入り口のほう。玄関など。
※うたたね(1240頃)「ただ今も出でぬべき心地して、やをらはしを開けたれば、晦日比の月なき空に雨雲さへたち重なりて」
③ 物のはじめの部分。
(イ) 書物のはじめの部分。序。また本文の冒頭の部分。
※中右記‐長治二年(1105)九月一五日「禁中殿上人御書所衆第一帙令書写、第一巻端二枚許主上宸筆令書写御也」
(ロ) 文書、手紙などの右端。左端を奥というのに対していう。
※平家(13C前)三「奥よりはしへよみ、端より奥へ読けれ共」
④ 物事の起こるはじめ。物事の起ころうとするしるし。いとぐち。きざし。端緒。兆候。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「などか、なのめにて、なほ、この道を通はし知るばかりのはしをば知りおかざらむ」
※太平記(14C後)一一「御泪の故(もと)と成し山雲海月の色、今は龍顔を悦ばしむる端(ハシ)と成て」
⑤ (「間」の字をあてることがある) ある物事が行なわれたちょうどその折。…する間に一方で。あいだ。きわ。まぎわ。
※万葉(8C後)一九・四一六六「うち嘆き しなえうらぶれ しのひつつ あらそふ波之(ハシ)に」
⑥ いいかげんに扱われるような、つまらないもの。また、二つのものの中間的存在。どっちつかずの中途半端なこと。
※万葉(8C後)一四・三四〇八「新田山嶺には着かなな我(わ)に寄そり波之(ハシ)なる児らしあやに愛(かな)しも」
⑦ 中心ではない、ちょっとした部分。ちょっと表われた部分。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「のちに知らるることばのはし」
※浮世草子・好色訓蒙図彙(1686)上「端は、局に立給ふ御方也、端居の儀也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はじ【端】
〘名〙 ⇒はし(端)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はした【端】
〘名〙
① (形動) 物事のどちらともつかないこと。どっちつかずで中途はんぱなこと。また、そのさま。
※竹取(9C末‐10C初)「御子は立つもはした居るもはしたにてゐ給へり」
② (形動) 数のそろわないこと。数が足りないこと。また、そのさま。はんぱ。〔観智院本名義抄(1241)〕
※浮世草子・世間胸算用(1692)一「惜や片足は野ら犬めに喰へられ、はしたになりて」
③ (形動) 数がある単位、あるまとまった数よりも余っていること。また、そのさまやその余った数量。余計。端数。はんぱ。
※史記抄(1477)一八「左が四なれば、まうはしたな数は、ないほどに、右も亦四なり」
※増鏡(1368‐76頃)六「御童・下仕へ・御はした・御雑仕・御ひすなどいふ物まで、かたちよきをえりととのへられたるは」
※談義本・教訓雑長持(1752)鉢坊主身の上を懺悔せし事「半銭(ハシタ)で買(かは)れぬ物斗(ばかり)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばた【端】
〘語素〙 名詞について、そのものの端の部分やその近辺の意を表わす。「舟ばた」「道ばた」「いろりばた」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はな【端】
[1] 端、先端の意。
① 物の先端の部分。はじ。末端。
※類従本有房集(1182頃)春「霞たつゑしまのはなをみ渡せはたみかへしたる心ち社すれ」
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉湘南雑筆「磯の尽端(ハナ)に行けば」
② 二つ以上並ぶものの先の方をさしていう。
(イ) 駕籠(かご)の先棒。
歌舞伎扇音々大岡政談天一坊)(1875)四幕「『それぢゃあ手めえ後へ廻れ』『手めえにははなが担げるものか』」
(ロ) 列の先頭
※歌舞伎・茲江戸小腕達引(腕の喜三郎)(1863)序幕「真身のおれが、先頭(ハナ)に居るから猶聞けねえ」
③ 時間的に先の方をさしていう。はじめ。最初。発端。
※歌舞伎・盟三五大切(1825)序幕「なアに、上げ汐の鼻までは気遣ひない」
[2] 〘語素〙 動詞の連用形に付いて、その動作をしはじめた頃、その動作状態にはいった直後の意を表わす。多く連濁して「ばな」となる。「出ばな」「寝入りばな」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばな【端】
〘語素〙 ⇒はな(端)(二)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

端の関連情報

他サービスで検索

「端」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.