Rakuten infoseek

辞書

端者・半者【はしたもの】

精選版 日本国語大辞典

はした‐もの【端者・半者】
〘名〙
① 召使いのうち、中程度の身分の者。それほど身分の低くない召使いの女。はした。また、後世は広く召使いの女についてもいう。はしため。
※枕(10C終)五七「若くよろしき男の、げす女の名よび馴れていひたるこそにくけれ、〈略〉はした者・わらはべなどは、されどよし」
※浮世草子・好色二代男(1684)六「はした物を、借てくださりませい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

端者・半者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

端者・半者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.