Rakuten infoseek

辞書

竪者【りっしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

竪者
りっしゃ
仏教用語。比叡山延暦寺や奈良興福寺などの大寺院で行われる経典論義の席上,問者反論解答する役目

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りっ‐しゃ【×竪者/立者】
《「りつ」は「竪」を習慣的に読んだもの》仏語。
法会の竪義(りゅうぎ)のとき、義を立てて質問に答える僧。
因明(いんみょう)で、義を立てる主張者。りゅうしゃ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅう‐しゃ〔リフ‐〕【×竪者/立者】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りっしゃ【竪者】
仏教学における学問僧の資格試験竪義(りゆうぎ)の受験者のこと。学問僧としての実力を問われ,合格の場合は講師こうじ)などの重要な役につく資格を与えられる。今日では住職の資格試験として竪義が行われる例が多い。竪者は定められた日数の事前研修(前加行(ぜんけぎよう))を積んで学習三昧の日を送り,当日に備える。竪義は,探題の選定した論題について,竪者と問題を発する問者(もんじや)の間で問答形式で進められ,竪者の解答のようすを精義者が審査するとともに,通常の論題にさらに難問を付加して論評を加えるという形式をとる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

りゅうしゃ【竪者】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

りゅう‐しゃ リフ‥【竪者】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竪者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竪者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.