Rakuten infoseek

辞書

竪義【りゅうぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

竪義
りゅうぎ
僧侶の実力を検定するために諸宗諸大寺で行われた論議問答。現在はおもに住職の資格や階位昇進を目的とする。竪義者 (受験者) ,探題 (仏教諸学に関する 10問を選んで竪義者に課し,最終的な決定を下す最高責任者) ,問者 (種々の質問を出す者) ,精義 (竪義者の解答の可否を判断する者) ,注記 (記録者) ,会行事 (雑務係) の諸役が一堂に会して執行する。 10題すべてに及第した者は古来皆無といわれるほどこの試験は厳重であったが,後世は,その論目などを暗誦して,完全に形式化し,詞章の朗誦には一定の曲節をつける。延暦寺六月会,長谷寺伝法大会,東大寺方広会などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅう‐ぎ〔リフ‐〕【×竪義/立義】
法会に際し、学僧を試験するために行われた問答論議の儀式。探題(たんだい)が問題を出し、問者(もんじゃ)が難詰し、試験を受ける竪者(りっしゃ)がこれに答え、全体の事務を会行事(えぎょうじ)が行う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうぎ【竪義】
〈豎義〉〈立義〉とも書く。〈竪〉は慣用音で立てるという意味。義を立てる,理由を主張するということ。仏教では諸大寺の法会にあたって行われた学僧試業の法のこと。また論題提出僧すなわち探題より出された問題について,自己の考えを教理をふまえて主張する僧を指す場合も多い。この場合は竪義者というが,単に略して竪者(りつしや),立者ともいう。南都の三会,東大寺法華会・方広会や,興福寺慈恩会,園城(おんじよう)寺十月会,延暦寺六月会などは竪義を設け,学業の成果を判定した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

竪義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竪義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.