Rakuten infoseek

辞書

竪穴式石室【たてあなしきせきしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

竪穴式石室
たてあなしきせきしつ
主として日本の古墳時代石室の一種。朝鮮南部にも若干みられる。一般に墳丘の頂部に壙を掘り,四壁に石を積み,その内部に遺体を置いて天井を石でふたをした形のものが多い。一度ふたをして土をかぶせたら外との交渉はないのが通例である。長さ6~8m,幅 1m,高さ 1mぐらいのものから長さ2~3m,幅および高さ 60~90cmぐらいのものまである。壁の石積みには板状の割り石を小口積みに水平に積んだものが多く,底面は粘土床,礫床で,そこに木棺を置いたものが多い。古墳時代の初期からみられ,一般に長さが短くなるほど時代は新しいといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たてあなしき‐せきしつ【×竪穴式石室】
古墳の頂きから掘り下げた穴の周囲に板石を積んだ石室。棺を収めたあと天井石をのせ、土で覆う。3~5世紀の古墳にみられる。→横穴式石室

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

竪穴式石室
 墳丘[ふんきゅう]を掘りこんで、石を積み上げてかべを造り、天井を石でふさいだ古墳です。石室[せきしつ]の中にはひつぎを入れます。横穴式石室[よこあなしきせきしつ]とはちがって、石室を再利用することはありませんでした。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たてあなしきせきしつ【竪穴式石室】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たてあなしきせきしつ【竪穴式石室】
古墳の頂上部に四壁に石を積み上げた竪穴を造り、上から棺を納め石材で天井を覆う形態の石室。古墳時代前期に多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

竪穴式石室
たてあなしきせきしつ
古墳の内部構造の一つ。木棺や石棺を被覆するため、まず四壁をつくり、埋葬が終わった段階で天井石をのせて蓋(ふた)をし密封する。四壁は扁平(へんぺい)な割石を小口積みにしてつくることが多いが、河原石を積んだものもある。四壁の外に積石塚のように控えの石積みがあって石室の内壁が崩れないようにくふうされている。石室の幅と長さは、内部に納める棺の大きさに影響され、前期の石室の内法は割竹(わりだけ)形木棺を納めるために狭長で、長さ6~8メートル、幅と高さが1メートルほどのものが多く、中期の石室は長持形石棺や組合せ木棺などを納めるために、長さが3~6メートルとやや短く、幅が2メートルほどで広くなる。石室内に赤色顔料が塗布されていることもある。発生期や前期の古墳に多い構造で、中期まで続き、後期にはほとんどみることがない。ただ関東地方では前期にはみられず、中期になって採用されている。追加して多埋葬できる横穴式石室に比べ、単独葬の埋葬施設である。[久保哲三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竪穴式石室」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竪穴式石室の関連情報

他サービスで検索

「竪穴式石室」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.